田舎のバス 前編

小学校低学年の頃でしたから、70年代初めのことでしょうか。
同級生と「バス調べ」をしていた時期があります。

「バス調べ」とは・・・
バスの後方中央に書かれた3桁の数字、
あ、これ全国的にはどうなんでしょう、書かれているのかな。
これをバスが通過する度に記録していくのです。

たとえば
11月23日 13時25分 下り 731

11月23日 13時28分 上り 532
といった感じで、順次記録していくのです。

これ、大人目線でいくと規則性あるはず、
と思えるのですが、以外と無いんですね。
もちろん、通過するごとに各自予想するのですが、
なかなか当たりません。
やたら古くてボロいバスの番号がI君の誕生日と同じで、
古そうなのが来ると、
あれ321じゃない?
やっぱりー
なんて盛り上がったりもしました。

話はいきなり変わりますが、この頃ステレオを持っていたのは
同級生ではF君宅だけだったと思います。

これは、貧乏人ばかり住んでる団地だったから、という訳ではなく
20代の夫婦+小さい子供が多い新しい団地で、
車にテレビに冷蔵庫に洗濯機はあるけれど、
ステレオにはまだ手がまわらない、というのが実情だったのではないかと
思われます。

F君の家はまだアパートでうちから徒歩45秒ぐらいだったのですが、
よく雑誌の付録ソノシートを聞かせてもらっていた覚えがあります。


そんなある日、F君が
「ばあちゃんのレコードが出てきてから、すげーおもろいんじゃぁ、
田舎のバスがおんぼろでタイヤは穴だらけ(正しくはツギだらけ)で
窓は閉まらんで、パンクしたら馬に引かせるゆう歌なんじゃ~」
と、いかにもおもしろそうに言うのです。

「ふ~ん・・・・」

あんまし・・・おもしろそうには・・・思えませんでした。
だって、タイヤは穴だらけ(ツギだらけ)で
窓は閉まらんで、パンクしたら馬に引かせるようなバス、
この田舎団地ですら、見たことないのは、
いつもバス調べをしているF君ならよく知っているはずです。

「今度来た時に聞かせちゃるけえの~」
F君はうれしそうに言うのでした。


続く


PS by k

inakanobasu1_20091123203939.jpg
SPですが「田舎のバスで」リスト乗ります(いや間違った、載ります)
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示