くたばれ!ビートルズ

mary wells
メリー・ウエルズ/「くたばれ!ビートルズ」<SJET-7827>
「RARE RECORDS AUCTION 2009」掲載予定

  



 「くたばれ!ビートルズ」。物騒なタイトルですね。これはメリ-・ウエルズのビートルズ・ソング集ですが、発売当時(66年7月)のアンチ・ビートルズ的世評に便乗したタイトルであると思われます。実際2ヶ月前のビートルズ来日騒動の最中にはニッポン放送で同名の討論会が放送されており、ビクターの洋楽担当者は、おそらく「メリー・ウエルズの歌の凄さはビートルズなんか問題じゃあない」という意味合いでこの邦題をつけたのではないでしょうか。
 討論会の内容を見ると、当時のビートルズ少年としては、「お前こそくたばれ!」と言いたくもなるのですが、LPにこの邦題を堂々とつけられたという事実こそが、日本における洋楽未成熟な時代の空気をよく伝えていますね。LPの解説の最後に、「このLPは、イギリスで初めて発売されたメリー・ウエルズの記念すべきレコードです」なんて書いてあるのですが、本国での発売大丈夫だったのでしょうか?
ご安心を。原題は、「LOVE SONGS TO THE BEATLES」ですから。




pops_20090917084449.jpg
“くたばれビートルズというけれど”
の記事がある「ポップス」66年7月号






 このタイトルで思い出すのは、「資料 日本ポピュラー史研究(上巻)」(黒沢進 編・著、1982年)で特別寄稿してあった亀和田武氏の「糞いまいましいビートルズ」というエッセイ。アメリカンポップス(カヴァーポップス)・フリークである亀和田氏の檄文、一部抜粋させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「プリーズ・プリーズ・ミー」を初めてラジオで聴いた時の記憶はいまだに強烈である。かといって、私と同年代の連中が往々にして語る“ビートルズ体験”-“いやぁ、ビートルズを聴いた時ってのはショックだったなあ、ボクはあれでロックに眼覚めましたよ”といった式の衝撃では、私の場合は無論ない。180度異なる反応である。
 それまで私が馴れ親しんでいたアメリカン・スウィート・ミュージックとあまりにも異なる印象に、私はただただウロタえ、驚き、顔をしかめた。
 一時の気紛れ的流行に過ぎない -そう思いこもうとした。しかし、ビートルズの曲は次から次へとヒット・チャートに殴り込みをかけ、どの曲も上位を占めるに至った。本場、英米のチャートにも、ポール・アンカ,ニール・セダカ,コニー・フランシス,クリフ・リチャードといったシンガーの登場する機会がめっきり減った。
 何か月かのタイム・ラグを経て、こうした“ビートルズ・ショック”は日本にも波及した。明くる年の64年、日本語ヴァージョンはTV,レコードからほぼ一斉に姿を消すことになる。
 
 (中略)

 時代の流れが、もはや逆戻りできないものになっていることを、さすがの私もここにいたって認めないわけにはいかなかった。
 64年の初め、私はラジオのヒット・パレードを聴くことを止め、毎月購読していた「ミュージック・ライフ」を読むことを放棄する。
 “ヒット・パレード少年”を自発的に卒業したのではない。無理やりに -そうビートルズによって、無理矢理に強制退学させられたのだ。
 以来20年間 -リヴァプールの4人組は、私にとって不倶戴天の敵である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1970年頃の僕には、そのまま“糞いまいましいツェッペリン”と置き換えられます(今は違いますよ)。ロバート・プラントの声は電気的(機械的)に作りあげたもので、ジョンやポールのヴォーカルには勝てないと思ってましたから。でもモノ・ボックスで久しぶりに「
アイム・ダウン」聴いて、ポールは5年後のハードロッカー達のヴォルテージをはるかに越えてたことを再確認しました。ヴォルテージうんぬんに異論を唱えるハード・ロッ・ファンも、この曲の1時間半後にあの「イエスタディ」が録音されたというアンビバレントな天才性は認めないわけにはいかないでしょう。

日本ポピュラー史
この本は、商業レコード資料文献史における革命でした。黒沢さんとは何度電話や
メールでレコード情報を交歓しあったことか・・。いつか(絶対)彼のことは書きたい。
 



 邦題といえば、オールディーズ系のシングルでは凄いのいっぱいありますが(シングル図鑑出版をお楽しみに)、このメリー・ウエルズのLPでも「その時ハートは盗まれた」(I Saw Him Standing There)や「秘密を知りたくない?」(Do You Want To Know A Secret)なんてのがあります。“ビートルズのレコードでは使われなかった邦題”なんて集めてみても面白いかもしれませんね。

 どうも昔から黒人シンガーが歌うビートルズ・ソングって苦手なんですが、この秘密を知りたくない?」はイチオシです。

プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示