妄想「究極の昭和デビュー館」

 締め切りまで残すところあと1週間に迫った30周年記念リストですが、いかがでしょうか?「いや~、参りました。」「聞いてた通り、邦楽LPはあまり買いたいものがありませんでした。」「内容濃過ぎて、毎日細かく見ていても飽きません。」コレクター諸氏の反応も様々です。いろんな声を聞きますが、判定は3月4日過ぎに下されます。いずれにせよ、半分近くは(いやもっと?)オークションもれセールに放出となるでしょう。お楽しみに!





victor perlin2victor perlin

 昨年末アメリカのヴィクター・パーリンから通販リストが届きました。30周年記念リストなんて浮かれていますが、何とヴィクターからのリストは40年以上送られ続けているでしょうか。さすがにここ数年はパスして買っていませんが、R&BやブルースのSPやUS原盤LPなど凝りもせず長年彼から買い続けてきました。あくまでも紙リストを通じてのみの付き合いですが、これまでトラブルが起きたことはありません。自分自身30年間紙リストを作ってきて、改めて海外からリストを(40年間も!)送り続けてきた彼のことを思うとちょっと不思議な気分になります。私が大学生で買い始めた時彼が仮に20代であったとしても今は70代手前、いやひょっとしたら80近い年齢かもしれません。彼が何者かも詳しくは知りませんし、あまり知ろうとも思いません。なんかロマンチックな関係でいたいんです。「音声による言葉」「文字としての言語」「印刷」「インターネット」が人類の4大発明と言われているようですが、インターネットが発明される時代に我々は立ち会えたわけです。ない時代とある時代にまたがって生きてきました。インターネットを除外しても味わえるロマン。そこにちょっぴり拘りたいのです(ということをネットで書いているんですが・・苦笑)。








Kind_Hearted_Woman_Blues_single_cover.jpg
Robert Johnson/Kindhearted Woman Blues<Vocalion 03416>

かんだレコード・リストVol3
img002_201802270038357af.jpg


 つい先日、これから上映される「さすらいのレコード・コレクター」という映画の存在を知りました。81才のSPレコード・コレクター、ジョー・バザードを追ったドキュメンタリー映画とのことですが、この映画の中で「このレコードは大金を積んでもなかなか買えない」とRobert Johnsonの「Crossroad Blues」を紹介しているんですね。ヴィクター・パーリン以外にも海外からリスト取り寄せて購入したSPがそこそこあって、「かんだレコード・リスト」もその昔は‟アメリカ盤SP“のセクションがあったんです。そしてリストVol.3には何とRobert Johnsonの「Kindhearted Woman」を載せてるんですね。この曲を調べたら、ロバート・ジョンソンのデビュー盤で1937年(昭和12年)の発売とのこと。気づかなかった。昭和デビュー館構想のある私には、このSPはいい目玉になっていたのに・・。残念!主人公のジョー・バザードも絶対ヴィクター・パーリンのことは知ってるでしょうね。







麻丘めぐみ/芽ばえ
「Kindhearted Woman Blues」も好きですが、「芽ばえ」も大好きなんです。

 「昭和デビュー館」と聞いて一般的にイメージされるのは、昭和の歌謡曲やポップスのデビュー曲を集めた記念館でしょう。麻丘めぐみの「芽ばえ」やタイガースの「僕のマリー」等、そこそこヒットしたデビュー盤をよせ集めるのはたやすいことです。それにストックあるドーナツ盤をチェックし、マイナーな演歌歌手やフォーク・シンガーも含めた盤を拾い上げ、さらに洋楽にまでその範疇を広げれば5000枚程度のコレクションは数年で完成するでしょう(枚数には根拠あり)。でも昭和を厳密に定義すれば、1926年から1989年までを指します。‟案外簡単に出来てしまうもの“にはロマンが欠如しています。その反動が昂じて、無謀にもRobert Johnnsonにまで視野を広げる、という妄想を抱いたりしてしまうんですね。








美空ひばり/君はマドロス海つばめ
ひばりの初45回転シングル盤「君はマドロス海つばめ」<SA-23>

 私がこれまでやってきたことを集大成する意味ではやはり日本盤に限定する必要があり、SPを外してドーナツ盤のみに拘るほうがむしろ自然でしょう。そうすると美空ひばりならデビュー盤の「河童ブギウギ」<A-570>(SP)ではなく「君はマドロス海つばめ」<SA-23>、ということになります。ですから私の(ロマンとしての)「昭和デビュー館」の対象は‟各アーティストの日本で初めて発売されたドーナツ盤“であり、厳密な意味でデビューとは言えないものも多く含まれてしまいます。洋楽に関したらむしろ本国のデビュー曲と異なっているものが多いと言えるでしょう。ではいったいそれに何の意味があるのか。確かに昭和30年代以降(厳密には1960年代以降)発売の邦楽に関したら、正真正銘のデビュー曲になるでしょう。ただそうした本来のデビュー盤を認識するという意義だけではなく、私はむしろその背景にある曖昧で混沌とした国内ドーナツ盤事情に光を当てたいのです。国内デビューがハッキリしない四人組のバンドのことや、幻とも言える“まだ見ぬ恋人”たちのことに。



エルヴィス・プレスリーES-5035② 
エルヴィス・プレスリイ/忘れじのひと<ES-5035>(ジャケ未発見)

チャック・ベリイLL-82◎
チャック・ベリイ/スクール・デイ<LL-82>

ボブ・ディラン/ほーむしっく・ぶるーす6
ボブ・ディラン/ホームシック・ブルース<LL-764>      
 
DC5/アイ・ウォーク・ザ・ライン
DC5/アイ・ウォーク・ザ・ライン<SS-3071>

ピンク・フロイド/エミリーはプレイ・ガール   
ピンク・フロイド/エミリーはプレイガール<OR-1785>    

デヴィッド・ボウイ/スペイス・オダティ-SFL-1244
デヴィッド・ボウイ/スペイス・オダティ-<SFL-1244>

かまやつヒロシ/殺し屋のテーマ  
かまやつヒロシ/殺し屋のテーマ<NS-207>                

三島由紀夫/からっ風野郎
三島由紀夫/からっ風野郎<EB-314> 

園まり/鍛冶屋のルンバ 
園まり/鍛冶屋のルンバ<DJ-1232>                

荒井由実/返事はいらない
荒井由実/返事はいらない<LTP-2680>

RCサクセション/宝くじは買わない                 
R.C.サクセション/宝くじは買わない<EP-1216> 

加山雄三/まだ見ぬ恋人
ちなみにこちらはデビューでも幻でもありません。



こんなものを1か所に集めようとしたら気が遠くなりそうです。むしろ「昭和デビュー盤図鑑(1954年~1989年)」出版の方が可能性としてはまだリアリティーあるかも。


プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示