RARE RECORDS AUCTION 2009 検盤スタート

dazai.jpg


 太宰生誕100周年のようです。書店では太宰コーナーが設置され、名作がぎっしりと陳列されています。お産で里帰りしている娘が聞いてきました。
「暇なんで何かおもしろい本ないかなあ。ダザイオサムとか父さん持ってる?」
分かりやすい娘だ。

 倉庫から昔よく読んだダイジェスト本を引っ張り出してくる。
汚いな(下部WD(ウォーター・ダメージ)ありで、「E-」といったところか・・)。
さすがに十代にはお世話になりました。60年代末とかって、結構何度目かのブームだったのでしょうか?浪人していた1971年。同じ予備校に通ってた浜田省吾君とかも、呉駅のホームで見かけた時、このダイジェスト本(もうちょっと大きいタイプだったかな?)と「試験出る英単語(森一郎著)」(これは間違いなく当時のベストセラーでした)を小脇に抱えていたのをはっきり憶えています。パラパラめくって思い出したのが、僕は太宰のユーモラスな面に惹かれてたということです。太宰がもう40年遅れて生まれていたら、きっとロックに共感してた思うんだけどなあ。



 2週間ぶりのブログです。すっかり空けてしまった原因は、そうです、ジスボーイを存在たらしめている年末オークションの準備に突入したのです。これをやめる時はお店やめる時かもしれません。そのぐらいの意気込みでやってます(オッ、大きく出たぞ)。

 まず2000枚以上のシングル・EP・LPのジャケットや盤質のチェックに、2ヶ月近くを要します。見た目だけでなく、LPでは、基本的に各面の主な3ヶ所に針を落として音質チェックします。見た目光沢があり無キズでも、プレス・ミスとか稀にあったりしますから。そうしてそれぞれの悪い方のコンディションに盤質の表示を合わせるわけです。ですから、見た目重視であまり音を吟味しないコレクター(そういう人多いです)からは、シングル盤の盤質「E+」など結構不思議がられます。ただレコードの発売時期によって若干甘くなったりの誤差も出ますので、あまり大それたことは言わないことにします。

当店の「RARE RECORDS AUCTION」といわゆるヤフオク等のネット・オークションとの決定的な違いは、入札状況が非公開であるということです。入札者には競争相手が見えませんので、入札した金額で買えるか買えないかのどちらかしかありません。一発勝負です。

メリット
としては、
①競争相手に振り回されない
②自分の希望金額で買える(落札した場合)
③大量にリストするため未入札の穴が出来やすい
(ネット・オークションより安価な落札額多し→特にセットセールもの)
④落札者(IDナンバー)が公開されない
などでしょうか。

一方デメリットは、
①2番手の入札額との差が必ずしも一律僅少ではない
②レア度に疎い人には入札額が決めにくい
③量が多すぎて入札ターゲットを絞りにくい
④落札額が不明
⑤ネット上では画像なし
といったところでしょう。
(もっとあるかな?)

④については、申し込みされて不落札だったアイテムは入札者にお知らせしますので、
遠慮なくお聞きいただければと思います。

3段階のグレード・セクションについて
大きく分けて、
①オークションの●あり(1万円以上)
②オークションの●なし
③セット・セール
の3種類があります。

●は万級として考えているものですが、これは2001年に「プレミア・レコード図鑑」を出版したことから、その“責任上”リストに表示することにしたものです。プレミア・レコードの存在を主張しておいて、自分のオークション・リストが相変わらずの最低額均一リストではあまりに無責任たど思ったのです。それまでは結構とんでもない化けも多かったのですが、それ以後は、●以外のものはかなり落ち着いた気がします。ただ●を付け始めた当初は、「出版された本は評価していたのに、それを利用してオークション・リストに万級をセットしたのにはガッカリした」などと個人のホームページで書かれていたのには“ガッカリ”しました。だって●に指定するものは相当に吟味してますし(長年のコレクターには選定がシヴィアーであるのはお分かりでしょう)、●がなくても1万円以上の可能性があるようなクラスのものは逆に入札額がセーブされてしまうのですから。●がないものは1万円以上入札出来ないと考えている人もいるんじゃあないかと・・・。ネット・オークションも定着し、レア盤の一般的な相場も流布している現状を考え、今年あたりからヤフオク同様の青天井リストにもどってもいいのかな、などと考えてもいます。

公開時期について
これ結構重要なんですが、毎年
11月下旬にホームページに公開し、12月中旬で締め切ります。
実質半月の勝負です。
毎年のことですが、この時期見逃して「オークション終わって気づいたんですが・・」って問合せ結構多いです。これを防ぐ方法ですが、常連さん以外で当店のオークションに興味がおありの方は、「住所・お名前・WANT LIST(希望金額記入要)」を明記したものを“オークション・リスト(AorB、または両方)希望”と書いてメールして下さい。全写真付きリスト完成したらお送りします(ブログ特典)。

いろいろと手前勝手な説明を長々と書き連ねましたが、つまるとこコレクターにとっての関心はただひとつ。

「で、何が出るの?」
(太宰治「親友交歓」的オチ)




ishikawa_20090906160544.jpg
石川晶/土曜の夜に何が起ったか<Z-2-JA>
B面「恋の朝焼け」。
ヘタウマ・ヴォーカルのグルーヴが、メチャウマ・ヴォーカルのそれを超える瞬間。
これも検盤中の楽しみのひとつです。


shita-ru.jpgmogle.jpg
A.鈴木宏昌トリオ/「ロック・ジョイント・シタール」<JRS-7233>
B.モーグル・スラッシュ/「炸裂!」<SRA-5512>
リストA(国内アーティスト編)、リストB(外国アーティスト編)それぞれ出品予定
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示