FC2ブログ

ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドからJ.S. INSPIRATIONSへ

ds1 (1) ds1 (2)
1000枚のうち4分の3は、1階の300円コーナー直行の内容でしたが・・。


  忙しいっス。先月の70年代洋楽シングル1200枚に続いて、先日は四国にあった某デンキ店レコード部の60年代デッドストック・シングル1000枚を買取。「金沢ジャズ・ストリート2017」のレコード・ジャケット・アート展用の和ジャズLPも、かろうじてリミットぎりぎりの昨日発送しました。詳細については後日改めて報告させていただきます。









mcrs_20170911151454d01.jpg
SHOGO HAMADA & THE J.S. INSPIRATIONS/「The Moonlight Cats Radio Show」


 先週発売された「The Moonlight Cats Radio Show」の2枚のミニ・アルバム、毎日聴いております。

「浜田君が凄いバンドを作った!」

というのが率直な感想です。これは何を隠そう、高校2年生だった1969年11月4日の三津田高校体育館でロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの演奏を初めて見た時に感じたのとほぼ同じ感覚なんです(“記録”があるんですね。ただ一人と思われる「ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド研究家」ですから(笑))。荒木一郎のファースト・アルバムの魅力を再確認した時のように、ひょっとしたら秋のライヴ観戦日まで毎日聴き続けられるかもしれません。いや~、素晴らしい。





vol 2 (2)
VOL.1

 ジャケットもそうですが、DJ仕立てにした気取らなさ、「バンド・メンバーと楽しんじゃいました」的なお遊び感覚。でもでも、なぜか極上なんですよ、テイストが。R&Bインストの導入曲も絶妙なセレクトで、いやがうえにも気分を盛り上げてくれる。キーボードの音色に各楽器が絡まり、自然に60年代の桃源郷になだれ込む。「My Cherie Amour」でとろけさせ、「Mercy、Mercy、Mercy」でジャパニーズ(・ブルーアイド?)・ソウルを見せつける。「This Boy」が浜田君のリード・ボーカルでないことを事前に知ってしまった私は、次の「You’ve Really Got a Hold on Me」に賭けていました。ミラクルズなんかじゃない。浜田君にとってこの曲は、絶対にビートルズなんだ!と。ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドのビートルズ・カヴァーは「ミズリー」他全部で14曲あるんですが、この曲は歌ってません。でも歌声は想像できるんですね。「オー・ダーリン」を歌うのを聴いた時に感じたちょっとした違和感は、きっとこの曲にはないはずです。だってジョンのボーカル曲ですから(R&Bカヴァー・アルバムなら、是非とも「アンナ」を浜田君に歌って欲しかった。←コラコラまた始まったぞ)。でも聴いてみたら違ってました。粘っこいというか、明らかにリズム・テンポがミラクルズ寄りで、これはこれでいい感じ。でもファルセットではちょっぴりジョンが顔を出します。六十代になってから年に一二度、何の昂(たかぶ)りもないのに突如涙が出ることがあるのですが、次の「Will You Still Love Me Tomorrow」の歌声を聴いて、何故か不覚にも涙してしまいました(決して“泣いた”のではありません。娘っ子の歌声で泣いてしまうような野暮な野郎ではござりませぬ)。この曲を歌う中島さんだけでなく竹内さんも含め、J.S. INSPIRATIONSの二人の歌姫は、予想以上の洋楽カヴァー・ボーカリストでした。「What’s Going on」は語り継がれるべき名唱ですね。何も言うことありません。CDに記録された私にとっての浜田省吾洋楽カヴァーの最高峰は圧倒的に「Be My Baby」だったのですが、超えました。


vol 2 (1)
VOL.2

 2曲目の「My Girl」は意外や意外、これが当たりでした。期待していたボーカルに何故か一番近い感じ。高校時代の歌声をちょっぴり想い出しました(本音を言えば、「Girl」だったらなおよかった。まだ言ってる)。4曲目の長田さん歌う「Crazy Love」も大当たり。ギタリストって渋いボーカルをきかせる人多いんですが、スパイダースのアルバム『スパイダース69』における井上堯之ボーカル曲「エニータイム・アット・オール」の佇まいを連想してしまいました。そして「This Boy」。かつてFMラジオのインタビューで、「タイムマシーンで行くとしたらいつの時代に行ってみたいか?」の質問に、浜田君は「過去のことはだいたい分かるので、未来に行ってみたいですね。」と答えていました。それとは対照的に、十代に聴き込んだ音楽を宝物のように慈しんでいる発言も何かの本で読んだ記憶があります。アーティスト浜田省吾にとって、郷愁的な音楽は安易に記録として残すべきものではないのかもしれません。展開部のサビは町支さんが歌っていますが(歌上手すぎ)、その後に転調して演奏されるジョージ・マーティン楽団風の間奏が絶妙で、この曲が使われた映画のシーンと同じくこれはこれで“郷愁的”ですらあります。最後のコーラスでは、ハッキリと48年ぶりの浜田君の歌声が聞こえました。2枚セットの最後は、フィナーレにふさわしいゴージャスナな「Ain’t No Mountain High Enough」で完結します。お見事!!







sdsm_201709111627236b1.jpg

 10代の浜田君を振り返ってみると、何より洋楽のヘヴィー・リスナーだった気がします。まず、そこなんです。そこからすべてがスタートしているんです。その入れ込み方が普通じゃあなかった。そしてそのまま自然とバンド活動へと流れていくことになるんです。でも当時の若者、特に浜田君のようなナイーヴな十代にとって、時代そのものは非常に不安に満ちていました。バンド活動している時以外の浜田君の笑顔って、あまり記憶にありません。アルバム『Save Oue Ship』の冒頭に「青空」って曲がありますが、高校時代の浜田君のイメージは、私にとっては正にあの世界です。でも浜田省吾には、十代の瑞々しい感性で洋楽を聴き込むことで得た「音楽に潜む普遍性」への想いがその背景に流れている気がします。だからこそ、未だにファンを魅了してやまないのだ、と思っています。60年代の洋楽ファンがそうだったように、言葉が直接届かなくても、メロディアスかつグルーヴィーな楽曲と歌声だけで多くのメッセージを受け取ることが出来るはずです。



lhcb.jpg
RCCテレビのアマチュア・バンド番組で、
「イッツ・オンリー・ラヴ」をハモる17才の浜田君と岡田さん(「浜田省吾事典」より)


 どうです皆さん、お分かりになったでしょ?洋楽を歌う浜田省吾のカッコよさが。高校時代はフォーク・ロックでしたが今回はR&B。でもロンリー・ハーツ・クラブ・バンドには岡田さんという歌姫もいたし、彼女が歌うメリー・ホプキンの「グッドバイ」では、リーダーだった福田君が間奏でトランペットを吹いたりしたんですよね。そう考えると、洋楽カヴァー・バンドとしてのJ.S. INSPIRATIONSは、ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの“実に偉大なる”進化形ではないのかとさえ私には思えても来るのです。
私はこのアルバムを15年、いや40年待ちました。浜田君、ありがとう!




プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示