「ワン・オン・ワン」はポール対ジョンにあらず   

one on one


 ポールの「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー2017」(東京ドーム)に行ってまいりました。何たってオープニングがジョンとポールの掛け合い曲「ハード・デイズ・ナイト」ですからね。コンサートに参加したという黒柳徹子さんの「残った者の務めとはこういうものかと深く感動した」というコメントがすべてを象徴しています。2017年に、“70代のロッカーが現役バリバリでワールド・ツアーをする”という奇跡の記録更新を確認出来ただけで充分でしょう。昨年の4月~10月39公演のテンションをそのまま継続し続ける74才のパワーに、ただただ感服するのみです。





ram on

  しかしながら振り返って考えてみれば、60年代にあれだけパワフルな音楽を作り上げた人ですから、現在の在り方も当然といえば当然の結果なのかもしれません。その偉大さを120%認めたうえであえて正直に告白すると、個人的に完全燃焼出来なかったのも事実です。それは巨大アリーナでの立ちっぱなし観戦による体力的消耗だけでなく(ポールに失礼だぞ!)、ポールをビートルズ分子としてしか認識出来ないリアルタイマーとしての悲しき習性が起因しているのではないかと思えるのです。極私的なポール観戦史、ちょっと振り返ってみます。初めてポール来日を意識したのは75年の初来日報道が当然最初で、この時はチケット予約の電話がまったく通じず、断念しようかと迷っているうちに気が付いたら中止が発表されていました。その後は怒涛のサラリーマン生活に突入したこともあって、ソロ・ビートルとしてのポールへの想いすら徐々にトーンダウンしてゆき、脱サラ後もそのトーンは基本覆されることなく結局90年・93年のライヴも不参加。初参加した02年の大阪ドームでも、アリーナ後方という悪条件で小っちゃなモニターを立ったまま最初から見続けることにほとほと嫌気がさし、コンサート中盤でリタイアするという愚行をしでかしてしまいました。基本的に70年の解散と同時にビートルズそのものと心中したような人間にとっては(71年のツェッペリン広島公演でさえ、(ビートルズと比べて)才能ない奴らだなあと思って観てました)、ある種の“欠落音楽的感覚”が拭えなかったのですね。今から考えれば、ジョンのソロに対してもそうだったような気がします。熱烈な若いポール・ファンからすれば、ちっぽけなプライドにしがみついているだけの哀れなポール・ファンなのかもしれません。






alone.jpg
藤本国彦著「ビートル・アローン」(レコードコレクターズ増刊)

 そんなスタンスを引きずりながらも、大きな変化を感じたのは私が60代に突入してからのことでした。残されたビートル・アローンとしてのポールが、ジョンやジョージへの想いを背負ってばく進しているパワーに胸打たれたんですね。長年の空白を埋めるべく参加した15年の京セラドームと武道館で、それまで抱いていた個人的偏見をほぼ排除すことが出来たように思えました。ブログ「風に吹かれての命名者」がきっかけでお付き合いさせていただくことになった藤本国彦さんの新著「ビートル・アローン」のあとがきに、「二人になったビートルに、もう一言。オール・スター・バンドにポールに入ってもらうわけにはいかないだろうけれど、ポール&リンゴ名義でツアーやってほしい。」と書かれてありました。ポールの真の偉大さをソロ・デビュー以来冷静に見続けて来られた藤本さん。さすが願望も現実的!と感心してしまいました。私なんか、「もし76才のジョンが生きていて74才のポールと「ハード・デイズ・ナイト」をハモってくれたら、それが仮に老いぼれハーモニーであろうとも、きっと卒倒するに違いない」と未だにノーテンキな夢想をしてしまうんですから。(あっ、いかん。ソロ・ビートル幻想、全然排除出来てないや)






dj_20170504125827dc8.jpg
ダリル・ポール&ジョン・オーツ と読み替えてみた(情けない)





dome_20170504130109ffd.jpg
もっと気の利いたショットはないのか(入場前)



プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示