スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風に吹かれて」の命名者

ringops.jpg ringop_20161116003249f97.jpg
“ドラムを叩きながら”「ボーイズ」を熱唱するリンゴ
撮影OKでこんなに近いのに・・邪魔。


IMG_1324_2016111600381960e.jpg
“ビートルズを武道館で観た”お二人(山本唯夫さん、長田泰子さん)と
二人に挟まれた人はリンゴか?(スーパー・)マリオか!?
決してジョンではなさそう・・



 先月リンゴ広島公演行ってまいりました。山本さんに手配していただいたチケットはさすがの前から7列目(何たってビートルズ武道館チケットを当時20枚も押さえた人ですから)。にもかかわらずコンサート始まるや皆さん即総立ちで、数メートル先で繰り広げられている凄い人のライヴもかろうじて見えたり見えなったり・・。2時間近い棒立ちは正直60代のおじさんにはキツイものがあるのですが(隣でずっと座ってたオジサンも気になったけど)、そんなこと言ってられません。何たって76才のリンゴが、2016年に目の前で演奏して歌ってくれているのですから!それだけでも凄い事です。頭は白髪になり顔はしわだらけになってドラムの腕はそれなりに落ちても、変わらないもの。5体のバランス、歩き方、ビートを刻むアクション、そして歌声!ビートルズの曲を歌う時のリンゴは最高です。特に感激したのが「WHAT GOES ON」。かえすがえすリンゴの声にピッタリの、コーラス・バックアップの効きたナイスな曲であると再確認したのであります。ライヴ全般を通してリンゴの陽気さがビンビン伝わって来る、何とも心地よさ満載のコンサートでありました。翌日には東京からリンゴのコンサートを観に広島に来たという方が来店。ポールのコンサートは何と70回は観てるとのこと。凄い人もいるもんです。でもビートルズ・マジックにとり憑かれた無限とも言える人達のこうした熱狂に、元ビートルのお二人は励まされ支えられているのでしょう。そして70代のロッカーとして、しっかりと“最良の形で”その期待に応えてくれています。







dylan_20161116004057bf4.jpg  ml0466_2016111611202030f.jpg




 既に年末オークションに向けて準備進めています。28年目となる今年、景気づけにレココレ広告も来月号で予定しています。今年は和モノに比べて洋楽はちょっと寂しい状況ですが、タイムリーなことにボブ・ディランの初期コロムビア盤シングルが揃っています。デビュー盤「ホームシック・ブルース」は今回ありませんが、ここまで揃ってリストするのも初めてかもしれません。ということで「風に吹かれての命名者」というお題を考えてみました。これまで「リバプール・サウンドの命名者」、それから繋げる「ノルウェーの森の命名者」と挑戦してきて、いずれも頓挫したままの「命名者」シリーズ。「リバプール・サウンド」は④まで、「ノルウェーの森」は予定していて結局繋げずじまい。このネタに関しては、BP_JRGさんのブログにかなり詳しく書かれていますので参考にしていただければと思います。私が目をつけていたワン・ポイントは、「ミュージック・ライフ」66年4月号(4月1日発売)の「ラバーソウル」の新譜LP紹介コーナーです。このレビューに“A-②「ノーウェジアン・ウッド」(ノルウェーの森)で見せるジョンのフォーク・ロック的な味わい”と書かれているんですね。この原稿は3月中旬以前には出来上がっていたと思われることから、テイチクのキングストン・トリオ「ノルウェーの森」発売より4ヶ月も早い時期ということになります。レビュアーは無記名となっていますが(それ以前は木崎義二氏が主に担当)、既に東芝内部でこの邦題が確立されていたことをほのめかしています。少なくともテイチクの洋楽担当ディレクター、ましてや解説者である高山宏之氏でないことははっきりしました。しかしながら唯一「ノルウェーの森」と明記された4曲入りEP<OP-4198>(66年12月発売)のみを例外として、東芝のLPではその後も基本的に「ノーウェジアン・ウッド」のタイトルに拘り続けています。その原因は何なんでしょうか(これも二重構造?)。謎です。







1_2016111600433808a.jpg  10_20161116104058643.jpg
ピーター、ポール・アンド・マリー/「風に吹かれて」<東芝7B-26>

YS-320.jpg
やはり“フーテナニー”のオムニバス盤収録なら「風に吹かれて」しかないでしょう。

本国では63年8月にシングル・リリースされた「Blowin’ In The Wind」ですが、ディランのシングルは当時日本では発売されておらず、ファースト・シングルの「ホームシック・ブルース」ですら発売されたのは65年6月のことでした。ディランの「風に吹かれて」は、「ライク・ア・ローリング・ストーン」のB面として本国発売から2年以上も後の65年10月に発売されています。音源そのものは64年4月発売のオムニバスLP「オールスター・フーテナニー」<YS-320>にも収録されていますが、まだ日本では“フォーク・ブームに登場したシンガーの一人”としての認識でしかなかったようです。「風に吹かれて」の邦題が最初に使われたレコードは、ピーター,ポール・アンド・マリー(以下PPM)のシングル盤と思われます。PPMの「風に吹かれて」<7B-26>(63年9月発売)の解説はしっかりと普通に書かれているにもかかわらず、何故か無記名になっています。その前に発売された国内初シングルの「パフ」<7B-23>では解説者が高崎一郎氏となっており、例によってお得意の一口訳詞が書かれています。

不思議なドラゴン、パフ
ハナリー島の青い海、秋もやの中に住んでいるパフ
小さな子供は皆パフが好き
オッカニ海賊もパフが一声ホエればすぐ退散さ


カヴァー曲の場合は洋楽担当ディレクターが主に邦題をつけていると思われますが、例外的に楽曲登録その他出版物での記述が先行すること等も考えられ、「風に吹かれて」のシングルに解説者が明記されていないことも妙に気になります。フォーク・サイドに立った文体から推測すると高崎一郎氏ではないような気もするのですが、何故か一口訳詞もちゃんと書かれています。無記名者の訳詞はこうです。

人はいかほどの苦悩を乗り越えねばならぬのだ
白い鳩はいつになったら安息出来るのだ
あの恐ろしい爆弾はいつまで飛び交し続けるのだ
答は、友よその答は、風の中で吹き荒んでいるのだ








JPS-5037.jpg
ブロードサイド・スリー/「フォークソング・ベスト・ヒッツ」<JPS-5037>


 視点を変えて国内アーティストのカヴァーに目を向けてみましょう。レコード化された最古のものは、ブロードサイド・スリーのLP「フォークソング・ベスト・ヒッツ」<JPS-5037>(65年5月)に収録された「風に吹かれて」ではないかと思われますが、これはオリジナルの英語詞となっています。英語詞なら、これ以外にもソノシートで人知れずマイナーな誰かさんが歌っているものがあるような気もします。ところがどっこい、訳詞盤となるとこれが意外や意外なかなか見つからないのです。やっと浮上してきたのが以下の2枚です。


eb-7237.jpg
紀本ヨシオ/風に聞いてくれ<EB-7237>63年10月

CW_490.jpg
守屋浩/風が知ってる<CW-490>66年6月

それぞれ「太陽は傷だらけ」と「太陽を胸に」のB面で、共に“「太陽」の陰に隠れていた異タイトル曲”というのが何とも・・。ちなみに守屋浩の「風が知ってる」の訳詞は野上彰。ビートルズ研究家、藤本国彦氏のお父様であります。ビートルズが来日した66年6月の発売というのがシビレます。今ではすっかり定着してしまった「風に吹かれて」というタイトルでの当時の訳詞盤がほとんど見つからないというのは考えてみたら不思議なことでもあり、そこに何かヒントが隠されているような気もします。やっと見つけたのが何と弘田三枝子。

mf0.jpg
mf_20161116005604dc1.jpg
弘田三枝子/“ミコ・フォークを唄う”EP<JSS-53>66年7月


どれだけ道を歩くだろう
大人になるまでに
いくつの海を越えるだろう
鳩が憩うまで
いくたび弾丸は飛ぶのだろう
平和になるまでに
友だちの答えはいつも
風に吹かれてるの

           吉村あきら 訳詞(歌詞カードには“作詞”と記述)







wj.jpg
真保さんとの出会いはこの雑誌がきっかけです。

 以前より懇意にさせていただいているカントリー評論家の真保孝さんに、60年代のシングル曲の邦題について訊いてみました。真保さんは、ジョニー・キャッシュをはじめとして、ビル・ヘイリーのカントリーLPに至るまで、C&Wのライナーを60年代に大量に書かれています。

「カントリーとは違うんですが、ボブ・ディランの『風に吹かれて』というタイトルはレコードの解説者が付けた可能性はあるんでしょうか?」
「解説はレコード会社から届いた資料や音源を参考にしていて、その時点ではタイトルはまだ原題のままです。邦題は発売になるまでにレコード会社が考えていたと記憶しています。」
「やっぱりそうですか。それじゃあ『風に吹かれて』も東芝の洋楽担当ディレクターなんでしょうか・・。」
「よく分からないですね。ボブ・ディランはカントリーとは違うんですが、われわれの仲間でも当時結構話題で、63年に創刊した『カントリー&ウエスタン』という雑誌の確か2号か3号の表紙にしたことがあります。私は書きませんでしたが、誰かが記事を書いているはずです。」
「そこに『風に吹かれて』という記述があれば、ひょっとしたらPPMのレコードより早いかもしれませんよ!」

「Blowin’ In The Wind」の歌詞は、レコーディングする前に雑誌「シング・アウト!」にディランのコメントとともに掲載され注目されたと言われています。日本でも出版物先行の邦題は考えられないこともない気がします。ディランのノーベル文学賞受賞で大きくクローズ・アップされてしまった「風に吹かれて」というタイトル。しかしながら、あまりにつかみどころのない「風に吹かれての命名者」というテーマ。考えてみたら邦題の命名者なんて、一般的には今更分かっても“それがどうした”的なことなのかもしれません。大滝詠一は「詠み人知らず」のような歌が作れることを願ったと聞いたことがあります。「答えは、風OOOOO」なんてヤボな締めだけは遠慮させていただきますが、この曲に関したら、風に吹かれたままの状態もそれはそれで素敵なことのように思えてきました。





homesickblues_201611161123433dd.jpg sn-406_20161116112417d91.jpg
この2枚はカヴァーではなさそうですが・・
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。