スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズ国内デビュー曲の謎③

img024.jpg
英ファンクラブから届いた詩集に見入るT少年、1965年(初出し) 
ihow_20160614202925eaf.jpg
  詩集とビートルズ 


来日50周年、ムード盛り上がってますね。先日作家の高橋克彦さんから、読売新聞のウェブ・サイト「ビートルズ来日50周年特集」でのマイ・セットリストに回答したとのメールが届きました。さすが主催した新聞社だけあって、サイトでは貴重な初出し画像もかなりアップされているようです。高橋さんのことは以前「ビートルズを訪ねてイギリスに渡った初めての日本人」というコラムにも書かせていただきましたが、何しろ高校生の時にビートルズのファン・クラブ向けTVライヴを現地で観て四人と握手までした人です。“ビートルズに関わる日本人”では重要人物と言えるでしょう。大村本には英ファン・クラブ会報誌「BEATLES BOOK」の関連ページが掲載され、「64年にここまでの体験をした日本人がいたというのは驚愕の事実だ」と書かれています。高橋さんには今回デビュー曲に関するリアルタイマーとしての意見もいろいろお訊きしてはいるのですが、いずれ後日改めて報告させていただきます。 乞うご期待!






1962h.jpg

最近ハンブルグでのライヴ音源に「ドウモアリガトウ」と聞こえる音源が収録されてると書かれたブログを見つけました。そこには「当時、日本の商社マンがレイパーバーン(スタークラブのある歓楽街)に遊びに行っていたので、ジョンが見に来ていた日本人のために言ったのでは?」とのコメントが紹介されています。先ほど紹介した私のコラムにはハンブルグ時代にライヴを観ていたらしい人物にも触れているのですが、大村本がきっかけとなりこの人物の現況が解明されました。

篠原恒木氏のツイッターより


大労作『ビートルズと日本』に書かれていた脚注について、片岡義男さんご本人に訊いてみました。
「それはね、僕が商社にいた時の先輩の話だよ。証拠はないけど、あれは絶対にビートルズだったと言ってたよ」
「その先輩は今?」
「亡くなったよ」

大村本出版後は数々の新情報が飛び込んでいるようです。是非あなたも7月1日のトーク・ショーに!



 さて③の本題に続けます。訊き込み調査で「プリーズ~」が圧倒的だったとはいえ、当然それが真実としての確証には成り得ません。レココレに“60年代の特集誌でも圧倒的に「プリーズ~」がデビュー曲でリストされている。”と書いていた手前、大村本に「抱きしめたい」をデビューとする新聞記事が二つあると書かれていたことは正直ちょっと気になりました。何かの雑誌に、「抱きしめたい」をデビューとする順列でディスコグラフィーが書かれているものが一つだけあったことは気付いていました。60年代の音楽雑誌はマガジン・タイムマシーンの有効材料でもあるためほぼ大まかなものは揃えており、この際徹底的にチェックしてみることにしました。まず「プリーズ~」をデビューとする記事からピック・アップ。



642pops.jpg
「ポップス」64年2月号

写真集表
「ビートルズ写真集/ヤァ!ヤァ!ヤァ!セール特典」66年7月
ビートルズ写真集




64年2月号「ポップス」“ヒット・パレード・コーナー”日本での第一弾は「プリーズ~」で2月15日発売   
64年3月号「ポップス」“吹きまくるビートルズ旋風”日本ではどうだろう。二月にオデオンから「プリーズ~」が発売されたが、それまではラジオでしか聞くことができなかった。*「抱きしめたい」の記述なし
64年8月臨増「ポップス」“ビートルズのレコードのすべて”日本におけるビートルズのレコードは、「プリーズ~」を皮切りに、LPが2枚EPが1枚にシングルが10枚。
64年9月号「ビートルズとリバプール・サウンドのすべて(ミュージック・ライフ別冊)」“RECORD GUIDE”「プリーズ~」⇒「抱きしめたい」
66年7月 「ビートルズ写真集/ヤァ!ヤァ!ヤァ!セール特典」“ビートルズ・レコード・リスト”「プリーズ~」⇒「抱きしめたい」
67年11月号「BEATLES DELUXE(ティーンビート臨増)」“ビートルズ・レコード・リスト”「プリーズ~」⇒「抱きしめたい」

これ以外にもマイナーな書籍等での見落としがあるかもしれません。



一方「抱きしめたい」をデビューとする記事ですが、何と音楽雑誌にも4冊ほど見つけてしまいました。

Eiga_story表紙
「映画ストーリー/ビートルズのすべて!!」65年7月号
映画ストーリー発売日


65年7月号「映画ストーリー/ビートルズのすべて!!」“日本発売リスト”「抱きしめたい」⇒「プリーズ~」
66年6/16号「週刊読売/ビートルズが来た!」“ヒット曲パレード「抱きしめたい」曲目解説”アメリカ・日本では第一弾になっているが、イギリスでは~
66年6/25号臨増「週刊明星/これがビートルズだ!」“ビートルズのベスト20曲”「抱きしめたい」:アメリカでも日本でも、64年初頭に第1弾ヒットとなって~
66年7月号「ポップス」“武道館で歌う曲はこれだ”「抱きしめたい」:64年初頭を飾るアメリカ、日本での記念すべき第一弾ヒット。




さらには64年のソノシートにもこんなものが・・。


ソノシート1
「ポピュラー・リクエスト・ベスト8」 64年9月1日発行、ミュージック・グラフ
ソノシート2
マイ・ボニーとツイスト・アンド・シャウトの解説にご注目

ここまで見つかってしまうと、「60年代の特集誌でも圧倒的に「プリーズ~」がデビュー曲でリストされている。」なんてとても言えませんね。
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。