スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズ国内デビュー曲の謎②

1041_20160610122743d10.jpg
定説デビュー曲「抱きしめたい」<OR-1041>
68年以前の「2月5日発売」記録は皆無(未発見?)



  なぜ当時の一般的なビートルズ少年達が現在の定説に反し「プリーズ~」を日本デビュー曲と捉えているのかを考える前に、事情通でない方のために今回のテーマのポイントを提示しておきます。

「プリーズ・プリーズ・ミー」<OR-1024>と「抱きしめたい」<OR-1041>。どちらも無人島に持って行きたいドーナツ盤です。「この無人島盤のどちらがデビュー盤なのかハッキリしない」という話ですね。この話整理する意味で、以前レココレに書いた「リアルタイム体験で直観した“元年データの危うさ”」という記事における関連箇所を抜粋してみます。





rc_201606101229586ff.jpg
「レコード・コレクターズ」2014年2月号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現在定説となっている“「抱きしめたい」2月5日、「プリーズ~」3月5日発売説”の根拠であるが、これは69年度の総目録に後付けで記載された発売日が元になっていると思われる。このデータを香月本が基準にしていることは正しい。仮に真実と異なっていようとも、レコード会社が示した発売日なのだから。さあここからが本来の真偽考察である。新聞記事はどうであろうか。大村レポートによると、何と「プリーズ~」2月5日、「抱きしめたい」2月10日、の記事しかないのである(しかも2月16日付)。「ミュージック・ライフ」64年3月号にも同日付の記事が確認出来た。60年代の特集誌でも圧倒的に「プリーズ~」がデビュー曲でリストされている。70年代に入っても渋谷陽一氏等のLP解説もほぼ同意見。当時の僕自身含め、ほとんどのリアルタイマーが「プリーズ~」=デビュー曲という認識であったことが分かった。「抱きしめたい」デビュー説は、どうやら「ビートルズ事典」を経て79年の香月本以降から定着したものと思われる。それに高島弘之氏の「ヒットチャートの魔術師」(81年)での“「抱きしめたい」5日、「プリーズ~」10日”がダメ押ししたと。いずれにせよ、当時のヒット・チャート等の動きから考えてこの2枚がほぼ同時に発売されたことは間違いない。どう考えても「プリーズ~」の3月5日発売はおかしい。69年の後付けデータに香月氏が関わっていたと考えるのは、あまりにマジカル・ミステリーを求め過ぎであろうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは2年半近くも前に書いたもので、大村本による補足(修正)が若干必要と思われます。
2行目)69年度の総目録 → 70年度の総目録(69年末発行)
5行目)64年当時は「プリーズ~」⇒「抱きしめたい」のみだが、後に「抱きしめたい」⇒「プリーズ~」
     の順とする記事もあり(報知新聞65.5.18、サンケイスポーツ66.6.29*共に発売日の記述はなし)
6行目)2月16日付け → 他に12日と19日付けもあり



toshiba.jpg
70年度版は持ち合わせていません、あしからず。

71_2016061012390980e.jpg
71年度版ですが、70年度版もほぼこの形でしょう。
大村本には、70年度版に「“5日”が突如登場する」とコメントあり。
本当に突如ですよね。



  13行目の「当時のヒット・チャート等の動きから考えて~」の詳細については後述しますが、当時のビートルズ少年が「プリーズ~」をデビュー曲とした理由は大まかに見えてきたと思います。要するに、現在の定説(「抱きしめたい」2月5日発売)の元になったレコード会社の総目録や高嶋説はすべて後付けによるもので、当時の記録がまったく見つかっていないということなのです。そういう裏事情を知ってる私が、「プリーズ~」をリアルタイマーがデビュー曲と思っていると睨んでいる最大の根拠は、何を隠そう実は“訊き込み調査”によるものなのです。マガジンタイムマシーンという手法により、この30年近くの間に電話で接したリアルタイマーは数知れず。ご縁いただいた全国の元ビートルズ少年達を中心に、2年近く前から電話や対面により訊き出したフィールド・ワーク?の結果なのです。私は無類の電話好きで、昨夜も7月1日にトーク・ショー予定の大村さんやブログでディープな日本盤研究をされてる木村さんとひとしきり話し込んだのですが、とにかくメールだけでなく生きた交流を挟みたいのです。電話や対面による調査に拘るのは、声のトーンや表情で予期せぬ真実が見え隠れしたりするからでもあります。メールだけでの問い合わせだと、ちょっとプライドのある人だったりすると、ちゃっかりWikiを参考にされたりしかねませんからね(笑)。ですからその推測は、レココレ等コアな雑誌とかを読まれてなさそうな元ビートルズ少年を中心に訊き出した30件近い回答のうち、「プリーズ~」が圧倒的に9割近くを占めていたという結果からのものなのです(「抱きしめたい」1件、「ラヴ・ミー・ドゥー」1件、「ツイスト・アンド・シャウト」1件、「分からない」3件)。

プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。