アーカイブ職人

 いやはや何ともハッピーな気分であります。出張セール先の博多では、コアな日本盤研究をされてるKさんとお会いして「日本盤 ビートルズ図鑑」の構想を提案してみたり、「ビートルズと日本」出版記念イベント参加後の大村さんからどしどし届く新着情報に、どんだけビートルズなん?と嬉しい悲鳴。シンコー編集部の美馬さんを中心としたプロモーションの快走ぶりはお見事で、(元々細い目をさらに細めて)ただただ傍観しております。


event_20160414001332acf.jpg
4月2日開催イベントレポート
http://www.shinko-music.co.jp/beatles50/report160402.html
4月3日開催イベントレポート
http://www.shinko-music.co.jp/beatles50/report160403.html

美馬さんブログ
http://blog.livedoor.jp/akikomima/archives/2016-04.html










nikkei_20160414003513bf5.jpg
日本経済新聞(2016年4月12日夕刊)


 シンコーさんのプロモーションが功を奏してか、出版記念イベントのことが日経でとりあげられたようです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
既存の書籍や記録は疑問点や矛盾が少なくないという。例えば日本での初アルバムの発売日。64年4月5日が定説だったが、今は同15日が有力だ(*1)。イベント当日、参加者の一人が、当時レコード会社に発売日を尋ねた往復はかきの返信(*2)を持参。「15日説を裏付ける資料。こんな風に間違いを正して後世に伝えたい」。大村は期待を膨らませる。50年前の滞在日程に合わせ6月29日~7月3日にも同様のイベントが開かれる(*3)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ビ-トルズと日本」風な、欄外注釈
(*1)いつから有力?今でしょう!
(*2)“発売は四月十五日頃になりますが、曲目の強さでは世界一のものです。”との記述あり
(*3)これも行きたい

日本盤の発売日について日経がとりあげたことは大きいですね。来日50周年で盛り上がりをみせるビートルズ日本事象への関心。メーカー側もこれまでのように傍観しているわけにはいかないのではないでしょうか?この時期に「ビートルズと日本」が出版されたことの意義は、本当に計り知れないほど大きいです。











ロックは語れない
「ロックは語れない」(渋谷陽一著、新潮文庫、1988年)


 さてここで一つ、「アーカイブ職人」のお手並み紹介といきましょう。何がいいか・・。
たとえばここに一冊の対談集があります。これを使ってみましょう。
我が中学時代のクラスメート浜田君の登場です。


ビートルズだけしか愛せない


渋谷「ビートルズの登場って、僕らが小学校六年のころでしょ。」
浜田「俺はひとつ下だから、小学校四年か五年のときなんだ。」
渋谷「友だちが「抱きしめたい」のレコード持ってきて、「これがビートルズだよ」って言うの。なんか汚ネエナアとか思ったことしか覚えてない。」
浜田「「週刊平凡」かなんかに、小ちゃな写真が載っててね、四人写っているんで、姉に「どの人がビートルズか」って聞いたの(笑)。そしたら、四人いて複数だから“S”がつくんだと教えてくれた。それを今でもすごく覚えている。」



この話は省吾フリークにはよく知られた有名なエピソードですが、じゃあその“小っちゃな写真”がどんなものだったのか気になりますよね?浜田君も見てみたいでしょう。

菅田「浜田君が小学生の時に見たという「週刊平凡」のビートルズ記事って分かりますか?」
大村「63年はないから、おそらく64年のこの2枚のいずれかでしょう。」
と送られてきたのが以下の記事です。



0227.jpg
1964年2月27日号

これはリンゴがよく見えないからちょっと疑問・・



0430.jpg
1964年4月30日号(小学6年の春)

四人ハッキリと並んでいる。これだ!

ね~、凄いでしょ?


以上、職人技のほんの一部でも伝えることが出来たなら幸いです。今後「ローリング・ストーンズ日本史」や「キンクス日本史」が、この「大村式」手法でアーカイブされることもありでしょう(キンクスはほとんど作業が無駄になることを覚悟で!)。


最後に、「週刊平凡」の記事についての大村さんからの補足メールを。

「これ以外に、Iさん(イベントで菅田さんの隣に座られていた女性)に教えて頂いたのですが、63年に明星か平凡でビートルズの写真が載っていたはず、とのことです。私が見た範囲ではありませんでしたが、見落としなのか図書館に所蔵がなかったのか・・・。気になるのでいずれ再調査してみようと思っています。」
職人魂炸裂か?

何はともあれ、大村さんの書籍完成により、Iさん(武道館5公演全制覇されたレジェンド)のような方から情報が得られるルートが出来上がったことを何より嬉しく思います。
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示