人生を音楽に賭ける

謹賀新年
今年もよろしくお願いします。



さていつになくオークショナリー?な気分の正月を終え、何とか目途が立ってきました。予告通り、中旬当たりアップでしょうか・・。枚数は1600枚弱で昨年と比較すると100枚近く減っております。トータル枚数もさることながら、このネット全盛の世の中にあってどれだけオークションのセクションにリスト出来るかでしょう。今回のリストでも、以前なら確実にオークションだったのにセットセールに落ちてしまったものの何と多いことか。以下パラパラっと画像載っけておきます。




april fool jh.jpg

yukimura.jpg sunnys.jpg
elvis_20160108151418584.jpg jc.jpg
kanai.jpg wchiki.jpg
imperials.jpg jh2.jpg
miko_20160108153036703.jpg tigers_20160108153256ded.jpg
helen.jpg jd.jpg
fmt.jpg j.jpg
hs_2016010815463339b.jpg s_201601081551511ee.jpg
stalin.jpg sp_20160108155509b62.jpg
pf.jpg p.jpg

    
当店が27年間継続している非公開レコード・オークション。かつて全盛期には全国の30店近くが広告を載せ、個人の通販業者を含めたら年間100種以上の紙リストは飛び交っていたでしょうか。普段他店のサイトを覗くようなことも少なくここ最近気付いたのですが、W店、F店、E店もとっくにやめてたようです。他にこの形態を継続している中古レコード店及び通販店は今ではV店・M店の2店のみ、という現実。正に絶滅危惧種ならぬ、絶滅危惧形態。そうした時代の流れにあえて逆らうかのような、アナログ盤売ってんだからアナログ・タッチの紙リストでもいいでしょう、という開き直り。「ネットであけっぴろげに競り合うのが嫌で、落札結果は参考にするが買うのはショップや紙リストで」というオールド・コレクターも意外と多いんです。そういうアナログ・コレクターと繋がっているという安心感。いつか一括処分のときは長年のお付き合いのよしみで是非とも当店で、というスケベ心。まあ現実はそんなに甘くはありませんが、今年も何とかこの形態でリスト出来そうなことに素直に感謝です。









qp.jpg qp1.jpg
 

 昨年末、EIGHTの貞廣さんの紹介で広島パルコが発行する「QUATTRO PRESS」の取材を受けました。取材してくれたのは、同じ“I Was Born 1n 1952”のデザイナー・ドイちゃん(初対面で私のことをカンちゃんと呼ぶようになったフレンドリー・シップに答えて)。お気軽で自由気まま風なパーソナリティーに反して、実に素晴らしくも巧妙な文章力。感心しました。「タイムマシーンを操る、コレクター垂涎の音楽旅人」のタイトルだけでイっちゃってるでしょ?マガジン・タイムマシーンを採り上げた取材は3年前のNHK広島以来(というか二度目)。この時はテレビで実演までしました(バナナのたたき売りかよ)。


ドイちゃんの筆致は実にスムージィー。

“懐かしい音楽のことで長時間話すこともある。当人同士は見ず知らずだというのにね。きみも何度も経験があるように、やっぱりいつの時代も音楽は人と人を音速で近づけてくれるんだよね。これまでトライしたのは3万件!そこにはどんなドラマがあったのだろう。”

いや~、数え切れないほどのドラマと感動がありましたよ。それこそ1冊の本にできるほどの。(でも最近は歳のせいで、数え切れるまで記憶が減退しつつあるのですが)




sh.jpg
昨年末のホール・コンサート入館前のショット

 60過ぎる頃から近しい人との別れを経験することも多くなり、昨年あたりは寄る年波もあってか更年期的症状?を感じることも・・。そんな年回りに届いた浜田君の「光の糸」。最初PV見た時ダサくも感じたこの曲。しかしながらリピートし歌詞を吟味するうちに、そのダサさすら確信犯的に見えて来たのです。“残された僅かな時間の中で 焦らないで 緩まないで生きる”という言葉がどんなに心に響き、かつ前を向く力を与えてくれたことか。歌詞としての普遍性は感じますが、この曲は、人生の終末にくるぶしだけ差し込んでいるような60代にこそ深く届くのです。



ドイちゃんはこう結んでくれました。

“それにしても菅田さんって、音楽が好きなんだなあ。それもそのはず、ビートルズに魅せられ人生を音楽に賭けた人だから。”

ちょっと買いかぶり過ぎの感もありますが、素直に泣けました。自分のことって意外と自分では見えてないんです。でもこれまでの人生を振り返ってみたら、中1の時から半世紀もビートルズ、ビートルズって言ってるんですから・・。そんな単細胞な人生もそれはそれでいいんじゃないかと、このワン・センテンス読んで素直に思えたんですね。

お言葉甘受させていただきます。ドイちゃん、ありがとう!
 




oshiba.jpg


ドイちゃんが名付けた我が安芸津町にある「大芝島のモン・サン・ミシェル」。その島に、フランスのミュージシャンなど海外からの利用客が多いレンタル・コテージがあるなんて知らなかった。灯台もと暗し
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示