オークション・リスト原稿完成  ~黒沢さんの来店

auction list

 出戻り移転後の環境調整もあり難産ではありましたが、やっとオークション原稿完成しました。あとは出来上がりを待つばかり。しばらくは、「この世の天国」状態です。ちょっと説明しておかないといけないのですが、昨年の特大号から例年通りのリストに戻ったものの、今回は洋楽のLPセットセール(セクションH)がありません。300枚以上用意していたのですが、あまりに遅れていることもありこれ以上の遅延は許されないと判断し「オークションもれセール」で一気に放出することにしました。とりあえず委託品や幾らか化けが期待出来そうなものを中心に洋楽LPオークションに繰り上げています(セクションG全体の2割程度)。ですから、あれ~これがオークション?っていうアイテムも混在してますので、そこのところはひとつヨロシク。来週明けには公開可能かと思われます。









best.jpg
黒沢健一/「LIFETIME BEST "BEST VALUE"」<24FL-0110>

 来月は私がレコードをセレクトさせていただいた“映像や音楽をテーマにしたお店”が広島市内にオープンしたり、坂口恭平君のトークショーがあったり、黒沢健一さんのライヴがあったりで、ウキウキのウキであります。。しばらくはハイ・テンションが続きそうです。








ks1.jpg ガンツ


 黒沢さんには先日ベスト・アルバムのプロモーションで来広されたとき、お店に足を延ばしていただきました。感謝!
何しろ黒沢さんとは、L⇔Rデビュー直前の完璧レコード少年だった頃からのご縁。当店の紙リストがきっかけでした。「かんだ米穀店リサイクル部」という何とも怪しいお店が東京レコード祭に初登場した、正にその初日が最初のご対面。温厚そうな少年が手にしてたのが「ガンツ」のドーナツ盤。そのチョイスに私、ガツン!とやられました。「若いのに何ともコアなコレクター」というのが第一印象でした。その後「プレミア・レコード図鑑」に推薦文を書いてもらったりもしましたが、やはりソロになってからですかね。黒沢さんとの距離がさらに縮まった気がします。ライヴ・レヴューも書かせてもらいました。でも黒沢さんにとってのインパクトはやっぱ米穀店でしょう。どうしてもこの目で確認したかったのでしょうね、レア盤を紙リストにし続けるお店の現場を。完成したオークション・レコードの現物を(笑)。


後ろに遠慮がちに立ってるお方。こう見えて意外と players only な人物なんです。普段は箏(こと)を教えているのですが、以前NHKのおやじバトルに出た後に、10年振りに楽器を握った臨時ベーシストの私から「次はジミヘンの「COME ON」に挑戦し、ヒート・アップして箏を歯で弾き最後に燃やすというのはどう?」と調子に乗って提案したら、「箏を燃やす意味が分からない。」と全面否定されるも歯で弾くことには5%ほどの可能性を残してくれました。今年は「運命」に挑戦したいと現実的な意気込みを見せております。

unmei.jpg






paul_20150212234824ffb.jpg

4月にはポールも来日。あわただしいソワソワがまだまだ続きそうです。(というか、チケット大丈夫?)
気分的にリスト作成地獄脱出しましたので、今後はブログもおいおいアップして行きます。

   SEE YOU NEXT TIME! 



(菅田)
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示