私とビートルズ

 ブログというものは日々更新が基本のようですが、還暦過ぎて頭の流れがスムーズでなくなった人間にはそんなコジャレたことは出来ません(ダジャレたことは出来ても)。「笑っていいとも」火曜日のお宝コーナーで企画したプレミア盤を起点にこれまでを振り返る「お宝レコード・ランキング史」、国内盤EP誕生の謎に迫る「ビクターが先かコロムビアが先か」、三井徹氏に送っていただいたデータを基にした「50年代にギターでエルヴィスを歌った最初の日本人」、④までで棚上げになっている「“リバプール・サウンド”の命名者」から繋げる「“ノルウェイの森”の命名者」、とネタはタップリあるのに一向に進まない筆。夏バテと言い逃れも出来ない季節にそろそろ突入しそうです。






fukuya.png

  そんな中、広島市内のデパート福屋で開催予定の「デビュー50周年 ザ・ビートルズ展」に「私とビートルズ」のコメントを、という依頼が舞い込んできました。聞けば何とオープニングの前日21日に福屋の新聞広告に掲載とのこと。ここで一番問題だったのが「50字以内」という文字数制限。いや~、悩みました。ビートルズを50字で簡潔に語るというのは、想像以上の苦痛が伴うものなのです。ありきたりのコピーなら簡単に100通りでも浮かびそうなのに、「誰も語らなかったビートルズを君なら語れるはずだ。」という己に課したプレッシャー。勘違い。誰もそこまで頼んでないのに・・。

48年前に初めて買ったレコードが「恋のアドバイス」。それ以来、“カッコいい音楽”の基準は何一つ変わってません。

ダメだ。「カッコいい」としか表現出来なかった時代背景でのこの言葉の重みはおそらく伝わらない。たまりかねて昔バンド組んでた2歳年上のSさん(要するにジョンとポールの関係ですね)に相談してみました。

「う~ん、ちょっとインパクト弱いねえ」
「やっぱりそうですか・・」

ジョンもファースト・アルバムの頃は俳句に凝ってましたが、言葉の吟味度は俳句以上でした。自らの言葉センスのなさにすっかり意気消沈してしまい、とうとう最後にはヤケになって「50字で語れなんて無理だ!」と開き直り。そして浮かんだフレーズが、

48年前に初めてレコード買って以来ですから。未だにワクワクして発見のある音楽を50字で語るなんて無理です。


若干のヤッタ感もありさっそくSさんに携帯メールすると、

「「買って以来、未だに」と、一気に言い切ってはどうでしょうか?50字数にまとまりますしインパクトが強いと思います。」と返事が返ってきました。

以下ダジャレ合戦。
「S案生かしました。50周年にかけた「50字」は「2行」に変えられました。21日の中国新聞テレビ欄の広告に載るそうです。素敵なアドバイスに感謝!」

「ビートルズ、なんと甘美な響きだろう。などど僕も50字に挑戦していますが難しい!濃いーアドバイスお願いします。」

「僕も「故意のアドバイス」とか考えたのですが決まらず、「素敵なダンス」とかけました。以上でやりとりスンダ?」

「うまい、参りました。あの頃の邦題には少女のように胸キュンになります。僕が泣く、直訳で日本語としては「?」なのに哲学的であの時代をまるごと抱きしめたくなります。」

最後に「抱きしめたい」で意地をみせたけどSさん、わいの勝ちやで。

watashi.png







 その後地元RCCラジオからも依頼があり、お昼の番組「ヒビカン」で「ビートルズ展を楽しむための3曲」を紹介することに。番組では、結局以下の3曲をチョイスしました。


fukuya2.png fukuya3.png
① 「ジス・ボーイ」(ポール直筆の「グロブナー・ハウス・コンサート」曲目リストにあった同曲を、同日(63年12月2日)に行われた「モーカム・アンド・ワイズ・ショー」のライヴ音源で)
② 「ミスター・ムーンライト」(ジョンのハッピから武道館公演のドキュメントを引用して紹介)
③ 「ハピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」(ジョンが所有していた「ホワイト・アルバム」(シリアルNO.1)からジョンの曲を抜粋)



放送終了後、Sさんから携帯メールが。


「放送生出演、お疲れ様でした。良い声、良い選曲、さすがです。ジョンが

   「わしのハッピー、ネーッス」

なんて言ってないっすかね。」


やられた~、お見事!の大逆転。

「凄まじく素晴らしい出来に完敗(乾杯)です。次回はSさん出て下さい。」

*正に「タモリ倶楽部」“空耳アワー”のハッピ大賞級。ビートルズ曲のジャンパー大賞は間違いなく
イエロー・サブマリン」でしょう(恥ずかしくて活字に出来ません。4分あたりから)




「ザ・ビートルズ展」は9月3日までやってます。地元の方はひとつ足を運んでみてはいかがでしょう?
(このブログ・アップに気づいた頃には、とっくにビートルズ展は終わってるでしょうが)

プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示