本年度の東西両横綱入荷

yokozuna.jpg


 シングル図鑑出版後はしばらく脱力感にさいなまれ、すっかりブログ空いてしまいました。ちょうど昨日のことですが、コレクターから「トゥー・マッチ」<L-6008>の帯付LP買取しました。23年のオークション史上初の快挙。15年ほど前にも一度話があったのですが、軽くみていたら取り逃してしまいました。出会ったのはそれ以来で、念願の何とかというやつです。ただ史上初とはいうものの、“帯付”を別物と考えれば、毎年リストに掲載するレコードの半分以上は「お初レコード」でもあるんですがね(レア度は別にして)。



 「トゥー・マッチ」が東の横綱なら、今春買取した「プレスリーのゴールデン・レコード第2輯」<LS-5129>の帯付は間違いなく西の横綱です。本年度オークション・リストB(外国アーティスト編)の表紙を飾ることはほぼ決定でしょう(「忘れじのひと」のジャケ付あたりが出てこない限り)。ただ肝心のリスト本体の物量的なものが不足しており、完成までのタイムリミットが3ヶ月を切った今現在で、完成度は60%程度でしょうか。今年オークション・リストが出来るかどうかは、このブログを見ているあなたにかかっています。ヘヴィー級でなくても結構です。数が必要なのです。連絡のほど、ひとつよろしくお願いいたします。 





  今年の春、1本の電話が入りました。シングル図鑑の追い込みでバタバタの時でした。「ここ8年で集めたレコード3千枚を売りたいと思うのですが。」枚数にはそれなりのインパクトがあったものの、“ここ8年で集めた”のがイケません。既にネット時代に突入してから10年以上が経過し、中古レコード店でかつてよくあったような“とんでもない拾い物”は激減しているのが現状です。プロ級の個人ディーラーならともかく、一般のレコード・ファンにはそんな甘い日々ははるか彼方です。普通だったらすぐ飛んで行くのですが、状況が状況だけに即答しかねました。しかしながら長年蓄積されたレコード買取人間としての熱は抑えがたく、気が付いたら「とりあえず週末にお伺いします」と答えていました。 



 「ここが“隠れ家”と呼んでいるところです。」住まいとは別の借家の2階に案内されました。そこには“ここ8年で集めた”LPがぎっしり並べられてありました。「ほう、なかなか壮観ですね」と先方をヨイショしながらも、“0x3000=0円”の最悪の数式が頭をよぎったりするのでした。雑談もそこそこに、さっそく棚のLPのチェックにとりかかりました。「ここがクラシックで、これから左がジャズの棚です。」と説明を受けながらレコードを取り出しているうちに、あることに気付きました。ほとんどすべてのLPが購入したビニールに封入されたままの状態で、それも105円、315円、525円の3種類のシールが大半を占めていたのです。「!!」と一瞬何かがときめきました。これは「安く買える!!」ではなく(その要素が若干あったのは否定しませんが)、「拾い物があるかもしれない!!」というトキメキだったのです。要するに中古レコード専門店ではなく、フリーマーケットやリサイクル・ショップのようなところで買われた、いわば「価値が分からない人がほぼ均一に値付けした商品」の山だったのです。「何か出てくるかもしれませんよ。」期待により胸をふくらませていたのは、レコードの奥深さを幾度か経験してきた私自身だったような気がします。 




525_20110810143111.jpg

  こんなことって起こるものなのですね。それはプレスリーの塊を物色している時でした。一瞬何が何だか分かりませんでした。「これは何?」「ここは何処?」「あなたは誰?」状態でした。「あなた」は普通のレコード・オヤジで、「これ」は私がかつて見たことのないエルヴィス最古の帯付でした(1959年5月の発売で、2011年8月10日現在確認されているところの「サイコ」(とカタカナで書いてもいいほどの妖艶さ!)の帯付LP)。私の金額提示に、両手を挙げて「バンザイ!!」と狂喜の雄叫びを繰り返すNさんでした。売った方も買った方も幸せ。これだからレコードはやめられません。でもこんなドッキリ級の話は20年振りのことです。20年前の話はまたいずれ。











carp.jpg
今日はこれから「カープVSヤクルト戦」に向かいます。「フルハップ」当選チケットでマツダ・スタジアム初参加(遅!)
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示