マガジン・タイムマシーン

 春から追い込みをかけている「オールディーズ・シングル図鑑」。4000枚近いディスコグラフィーの骨子がほぼ完成しました。今一歩のところですが、年末オークションに向けての買取が大幅に遅れていることに気づき、若干の不安がよぎりはじめております。昔々の買取は、音楽雑誌に広告打つだけで凄い反響がありました。60年代のレコードをメインにしているため、当初はリアル・タイムの買取対象者にも「40代以上の方ご注目!」と呼びかけていたのですが、かなり前から「50代以上の方ご注目!」に変わり、もうそろそろ「60代以上の方ご注目!」に変えんとアカンと考え始めております。60年代音楽のリアルタイマーからの買取を考えたら、“確実に60代以上を狙わないといけない”というのが実情なのです。


 リアルタイマー買取のお家芸である「マガジン・タイムマシーン」を始動しました。買取の追い込みはこれっきゃないという感じですが、はたして今年の成果はいかに。







jazz mates
「ジャズ・メイツ」N0.7(69年10月発行)

 さっそくとりかかった雑誌が今年5月に岐阜の買取出張で入手した「ジャズ・メイツ」です(何を買取してるのやら)。グラモフォン・レコードが発行していた機関誌ですが、「レコード・レヴュー」を書かれていた東京のSさん宅に電話。 
                   
「すみません、40年前の音楽雑誌でお名前拝見したのですが・・」
「主人は20年ほど前に亡くなりました。でもレコードなら、倉庫にダンボール10箱ほど残ってますよ」

ご主人は生きてらしたら92歳で、奥さんにはレコードの内容は不明とのこと。
あなたなら行きます?
私は行きます。


で、お話させていただいた奥さん、いったいおいくつだったのだろう。






king geppo
キングレコード月報1962年1月号

king geppo-2

 次にとりかかったのがキングレコードの月報。
62年1月号に掲載の「キングレコード創業30周年記念 抽せん券付セール」当選者発表 に注目。

キング特賞(乗用車三菱500スーパーデラックス)2名
キング金賞(三菱ステレオDSS-504型)    5名
キング銀賞(17センチレコード)       5000名

キング金賞を当てたこれまた東京のHさん宅に電話。 

「すみません、48年前のキングレコードの月報でお名前拝見したのですが・・」(お前もようやるわ)
「ええ、覚えてますよ。三菱のステレオが当たって、確か2年ほど使って売りましたね」(記憶力抜群)
「お元気ですね。失礼ですが、お歳はおいくつになられるんです?」
「80になりました。もう歳です」(その声で80? 若っ!)
「レコードとかはまだお持ちですか?」
「ええ、ほとんどそのままです。幅180cmで二段になってるスチール棚が3つほどあって、LPがぎっしり入ってますね。帯とかは価値ありますか?」(ひょっとして確信犯??)
「ありますよ!」
「レコードからは外してますが、私は帯というものを捨てたことがないんです。ちゃんと別のファイルに保管してます。」
「ええー、そうなんですか!」(ヤッター!!←心の雄叫び)
「そんなに帯は重要なんですか?」(ひょっとして確信犯?AGAIN)
「帯の値段と言ってもいいくらいです。」(言いきった)



いやはや、久しぶりに興奮してしまいました。こんな話ってあるんですねえ。
やっぱ日本は広いな大きいな。
まあね、こんなに苦労してるんだから、たまにはおいしい話もないとおかしいぜベイビー。
これほど理想的なスタイルのコレクター、60年代には少ないのですよ。
スタイル最高!スタイル、スタイル・・。
あっイカン、忘れてた。ジャンル訊くのを(不安よぎる)


「ところで、どんなタイプの音楽が多いんでしょうか?」
「ピアノ楽曲が2割で、管弦楽と交響曲がそれぞれ・・」
「あの~、クラッシク以外は何かないですか?」
「いえ、完璧クラシックです。それ以外のものは1枚もないです。」
「・・・・」(やってもうた)


あなたなら行きますか?
私は行けません。


「60年代のポップス系の帯付LPが100枚あれば、その日に東京なら行けますよ」と常々豪語している私ですが、今日ほど東京を遠くに感じたのはホント久しぶりです。

頭を冷やし気を取り直して、さらに「ライトミュージック」(70~73年)や岐阜買取の「メンズ・クラブ」(65~70年)に今後もトライして行きます。

  冷静に、 かつ熱く、 しなやかに










プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示