レコードは真実を語る

jd ando1


 60年代より地元広島で営業を続けられている老舗ダンス・スポット「JAZZ FIVE」のマスター、安藤延夫さん(89才)に御来店いただきました。先週も地元の中国新聞に、「広島出身の新藤兼人監督(98才)が、49本目の監督作品『一枚のハガキ』を撮影中」という記事が載ってましたが、広島が決して長寿県というわけではありません。“20世紀を代表する天才ミュージシャンの二人がたまたま同じバンドにいた”(ビートルズのことですね)のと同じように、日本(世界?)最高齢の映画監督とDJがたまたま広島だったということです。1967年から今日までの43年間、同じ場所の同じ空間でDJし続けることのプロ意識、生きざまは、単に「継続」なんて簡単な言葉で説明できるものではありません。








jazz five 2


 まず驚くのがそのアグレッシヴな行動力。自立型一人暮らしのマンション住まいなのですが、近くの団地にお住まいのママさんと娘さんを乗せて、郊外から20分以上かけて車でご出勤なのです。何を隠そうこのお店、実は当店からは目と鼻の先の距離で、歩いても5分とかからない場所にあります。先日も東京から出張でやってきた息子の彼女を連れて女房と三人で行ってきたのですが、熟練STEPのご指導を受け、二人ともクタクタになっておりました(体力的に完璧マスターに負けてました)。その時に店内に貼ってあった告知ポスターで知ったのですが、何と本日6月23日こそが、43年前に華麗なる歴史のスタートをきった記念日だったのです。おめでとうございます!




 「縁は異なもの」といいますが、当店のホームページがスタートしたのも、何も隠しはしません、そう11年前の本日6月23日。そして今日ここに、11年振り、初のリニューアルでございます。めでたし、めでたし。






 今年の3月に朝日新聞の「ひと」欄に記事が載り、一躍全国に注目された安藤さんですが、この方の豊穣な音楽的基盤はあまり理解されていない気がします。ひょっとしたら、安藤さん自身もお気づきでないのかもしれません。「え~、89才でDJ?凄~い!」確かにそうではありますが、それだけではないのです。




music life  jazz five ad
「ミュージック・ライフ」70年7月号に掲載された「FIVE」の広告
40年前から住所・電話番号が一緒です

 激動の60年代末。「ファイヴ」は、吉田拓郎がアマチュア時代に組んでいたR&Bバンド「ダウンタウンズ」の行きつけのスポットでもありました。そしてベトナム戦争で疲弊した米兵達が岩国基地から夜な夜な繰り出したのも、「ファイヴ」でした。ヒート・アップする店内では黒人と白人のケンカが絶えず、安藤さんは秘策を考え出します。黒人兵が興じるR&Bだけでなく、白人兵の好むロックも交互に流したのです。さらに踊らせるだけでなく、メリハリをつける意味もあったのでしょう、ダンス・スポットでありながら“聴かせる”LISTENING TIMEを設けたのです(僕はこの点を最大限に評価します)。
 



 昨年でしたか、自宅マンションにその当時使われていたであろうレコード群を見せてもらいに行ったことがありました。これまで何度かジャズ喫茶等のレコード買取もしたことがあり、「どうせ状態とか悪いんだろうなあ」とナメていたのですが、とんでもなかったです。基本的に輸入盤がメインで、たまにある日本盤も帯なんてやわなものはほとんど付いてませんでしたが(おまえがそんなこと言っていいのか?いえいえ、ここは大先輩に敬意を表して)、ほとんどがMINTの状態。「レコード大事に扱ってましたからね。」納得です。


 
jazz five 3

 どうです、このクオリティー! 限られた輸入盤取扱店で手に入らないLPは、個人のギフト扱いで海外から直接取り寄せていたというのですから驚きです。当時「ファイヴ」の空間に身を浸した人が受けた恩恵。浜田君も不遇時代のライヴ・ハウスで「予備校に行くと親に言っては、さぼって一日中『ファイヴ』にたむろしてた」と語ってましたが、こうした音楽に囲まれていたことが、大きな肥やしになっているのは確かでしょう。

 
kevin.jpg
B面2曲目のミディアム・テンポな「STRANGER IN BLUE SUEDE SHOES」に鉛筆で丸印
ケヴィン・エアーズで踊らせていたDJ!


 レコードを見ながら、「本当に凄いですよ!」と何度繰り返したことか。さすがに僕の興奮がおべんちゃらでないと気付いた安藤さん、「いやー、嬉しいね。昔使ってたレコードのことをそこまで褒められたのは初めてですよ。TVの取材もこれまで20本以上受けたけど、ほとんどが歳のことばかりだからねえ。外人で歳のこと聞く人は一人もいませんよ。あなたに出会えて嬉しいですよ。」恐縮です。ただのレコード・バカがレコード見て興奮しただけなんですが・・。僕も嬉しいです(でもたまには歳の話もさせて下さいね)。 






 新聞記事やTVでお見受けする安藤さんは陽気で元気なDJじいさんのイメージでありますが、それはあくまでエンターテイメントであって、基本的には“生真面目な職人肌”の方です。そうでないと、こんなこと40年以上も続けられません。「継続」の裏に「偶然」はないのです。DJブースでバラード系のジャズを流している安藤さんの後姿を見ながら、「石のような孤独」を感じる瞬間があります(一瞬ですが)。決して記録として残されるのでもなく、ただひたすら無欲に音空間を作り続ける人生。カッコいいじゃあありませんか。

 「JAZZ FIVE」がオープンするほぼ3年前に、エリック・ドルフィーはこんな言葉を残してます。



    「音楽は終ると、空間に消えてしまう。もう二度ととり戻すことはできない」                           










jd ando2
「こういう店にはがんばって欲しいですね」
お言葉、重いです。



dj ando2
「こんな音で音楽流してたら、売れるものも売れませんよ」
「い~え、それ以前に客が来ないのが問題なんです」



jazz five 1
隣接する「歌えるパブ 城下町」とのハシゴ、いつかやってみたい




(菅田)
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示