戦後70年 、ビートルズ後50年

70y_2015011101260507e.jpg
NHKスペシャル「戦後70年ニッポンの肖像~プロローグ」


謹賀新年。遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

 今年は戦後70年ということで、テレビや新聞でもこぞって特番を組んだり連載が掲載されたりしてました。元旦に放送していたNHKスペシャル「戦後70年ニッポンの肖像~プロローグ」で、タモリさんが皇居前での玉音放送の映像について語っていました。

「さっき涙流していましたが、俺、作家の星新一さんから聞いたんですけれど、8月15日に皇居前を通ったら人がいなかったそうです。普通に車が通っていたみたいです。新聞に泣き崩れる写真がありますけれど、あれヤラセだという話もあるくらい普通だったらしいです。」
また進駐軍が撮影した引揚者の少年が大人より先に率先してカメラマンにお辞儀をする映像を見て、「アメリカは日本を負かした敵国なのにすぐ受け入れてるんだよね。大人からそういう教育を受けたのかと思ったら映像の子供が自発的にやってますよね。」
一方、読売新聞の年頭シリーズ「語る戦後70年」で指揮者の小澤征爾が、「玉音放送を聞いたおやじから“キャッチボール”するか?”と声かけられたのが忘れられない。」とも証言しています。

玉音放送のヤラセまで推測させてしまう当時を体験した人の証言力。引揚げ少年のお辞儀だけでなく終戦直後の活気に満ちた庶民の表情(ヤラセじゃあないですよね?)や歴史の影に隠れてた多くの真実を掘り起こすNHKの圧倒的な映像力。体験者の証言と映像。どちらを信じどちらを疑うか?いずれにせよ、念頭から歴史に隠された真実について改めて考えさせられる、正に「目から鱗」の番組でありました。







beatles_20150111013246d52.jpg
50年前に町内のA楽器店で初めて買ったレコード。
ちなみにビートルズ板も30年近く前にその楽器店で見つけ譲っていただいたもの。
半世紀前の私が目にした佇まいそのものです。リアル!


 戦後70年の節目である今年は、個人史的にはビートルズに開眼した中1の年から計算してちょうど50年目にあたる「ビートルズ後50年」でもあります。ビートルズが現役時代だった1962年~70年に青春を過ごしたという意味での「ビートルズ世代」は我々60代のオヤジになるのでしょうが、こと日本においてはそれを正しく証言出来る人の比率は極端に低い気がします。もっとも体験者=証言者と言える戦争体験とビートルズ体験とは同次元で語れるような話題でもないのですが、もう30年もすればほぼ確実にリアルな証言者すらいなくなってしまうという事実。ただビートルズ・リアルタイマーは当時のインパクトがあまりに強かったため熱量だけは充分すぎるほど高くその熱さも本物ではあるのですが、ついついその想いが暴走してしまう悪いクセがあります。“具体的な事象や名称を述べる時”は、(ここがポイント→)それなりの裏付けとなる資料を確認して欲しいしそれが不明なときは明言を避けていただきたい。変に歪曲された証言がそのまま引き継がれて行くことになります。当事者の想いも確かに重要ではありますが、具体的な事実はさらに重要です。そんなことでビートルズ・ミュージックそのものの普遍性は変わりはしませんが、もう5年となった“50周年ブーム”の終焉までにビートルズ日本史の基礎固めをしていただきたいと切に願っています。年頭から抽象的な話で失礼しました。ある新書を見て、同じリアルタイマーとしての自省の念も込めてあえて書かせていただきました。(次回からは従来のバカ・ブログに戻りますので皆さんご安心下さい)










maruyama.jpg
丸山明宏/ジングル・ベル<SA-64>1957年
リストA(国内アーティスト編)の表紙用レコードです。昨年のクリスマス直後に入荷したのですが、このレコードの存在知りませんでした。昨年のクリスマスにNHKの「あさイチ」に出演されデビュー当時についても直接本人が語ってらしたけど、「ジングル・ベル」については話がありませんでした。あえて話題にされなかったのか、レコードの存在を忘れられてるのか。私の直感では後者の気がします。この方の戦争体験・現状分析は信じられそうですね。

(後記)1月14日
*すみません。本人が「ジングル・ベル」のレコードについて語っている番組見つけました。なぜ直感でそう思ったかの理由は、後日ブログで説明します。失礼しました。
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示