映画の中のレコード店⑧

doors_20110125224023.jpg
残念ながら映画では映ってなかったですね。

 マガジン・タイムマシーンで買取したエイプリル・フール やパワー・ハウスといった国内ロックの重要アイテムだけでなく、レッド・ツェッペリン/「登場」<SMT-1067>、フリー/「NO.1」<FOX-7009>といった洋楽のヘヴィー級帯付も何とか自力で現物を揃えることができました。ただトラン監督にとっても絶対に外せないドアーズの「ストレンジ・デイズ」<SJET-8017>の許諾で、ちょっと問題が発生しました。これは68年2月の発売で、与えられた68年4月中頃のシーンの壁面用新譜としてうってつけだったのですが、ジャケットに関してワーナーの許諾は得られたものの、帯の権利を有するビクターからの許諾が難航し(事業統合問題のゴタゴタで対応の余裕がなかったのでしょう)、「最悪の場合、71年以降にワーナーから再発された帯の使用も覚悟して下さい」という話が出てきました。発売が古過ぎるLPでも状況によっては致し方ないですが、時代背景からしてあり得ない71年以降のものを使うことだけは避けたかったので、「そんなものを使うのならこの仕事降りますよ」と思わず言ってしまいました(「じゃあ降りて下さい」と言われないかドキドキしながら、やんわりと。ヘタレです)。このLPも最終的に何とか一件落着したのものの、最後のおおとり「ペット・サウンズ」<CP-7560>がまだ未入手のままでした。





pet souns
69年のシーンでは“売れ残り”のLPになるため当初は棚に入れてたのですが、
モニター・チェックでたまに棚が映らなかったりするのに気付き慌てて壁面にセット替え。
監督のテイク数の多さに救われました。


 「ペット・サウンズ」の発売は66年8月でちょっと古過ぎる感はあるのですが、とりあえず在庫分と考えて時期的にギリギリ合格ラインのLPです。と言うか、村上氏に対しても絶対外せないアイテムでした。この帯付は過去に3度ほどオークションしましたが、いずれも10~20万円で落札しています。最近のネット・オークションでも15万円前後で取引されているようです。当然のことながらおいそれと入手出来るようなシロモノではありません。長年交流は途絶えていましたが、意を決して過去にお売りしたTさんに電話してみました。ヘヴィー・コレクターですからとても買取の話などはできません。

「今度『ノルウェイの森』の映画で『ペット・サウンズ』の帯付LPを使いたいのですが、お借りすることは出来ませんか?探してるレコードとかありましたら探しますよ」と、恐る恐る訊いてみました。
何しろTさんが買われたのは、帯とジャケットが新品同様のコンディションでしたから。
「そうですねえ。今ドゥーアップの原盤LPとか集めているんですが、何かありますか?」
結構手ごわい要求だとは思ったのですが、背に腹は代えられません。私もドゥーワップに限定はしてませんが、R&B系のレコードをアメリカの個人ディーラーから30年以上に渡って買い続けていた人間です(エラっそうに言ってますが、内容は大したことありません)。MOONGLOWS、CLOVERS、CADILLACSなどの50年代原盤LPをピック・アップしてみましたが、ことごとくコレクトされていてまったく歯が立ちません。最終的に「賃借料2万円也」の口契約でお借りすることにしました。

 さらにどうしても外せない重要LP50枚(レア盤という意味ではありません)を現在交流のある8人の洋邦コレクターから無償でお借りし、最終的に4~5回に分けて東宝スタジオに送りました。メインとなった100枚については個別査定し、掛けた保険は241万円。映画に映ってたうちの2枚で実売50万円を超えてるものもあり(共に20万以上)、厳密に算定すればトータル300万円の評価は下らなかったでしょう。








cadillacs.jpg
Cadillacs/「The Crazy Cadillacs」<Jubille 1089>
Tさんんがコレクト済みだったLP。<Jubille 1045>だったらよかったのかな?
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示