スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMIも示せないビートルズ日本盤デビューLPの発売日①

who uicy-93167
フー/「アイム・ア・ボーイ」<UICY-93167>
紙ジャケCD



 フーの「アイム・ア・ボーイ」の紙ジャケCDにこんな解説が書いてあります。
「『アイム・ア・ボーイ』は今から40年近く前、1967年4月に日本グラモフォンから発売されたアルバムである。ファンの間でもあまり知られていないと思うが、~中略~
これが日本でのデビュー・アルバムということ。オリジナル・ファースト・アルバムの『マイ・ジェネレーション』もテイチク・レコードから発売されたが、それより数か月早くこの『アイ・アム・ア・ボーイ』は世に送り出されていたのである。」

 解説を書かれた元ザ・フー・ファンクラブ会長の前澤陽一氏の発言は真実なのでしょう。当事者としての確たる証拠物件をお持ちと思われます。しかしながら、残念なことにグラモフォンから当時出版された年鑑目録の67年度版には、『アイ・アム・ア・ボーイ』<SLPM-1354>は67年6月と明記され、同じくテイチクの目録には、『マイ・ジェネレーション』<SDL-10271>は67年3月発売と記されています。レコード会社が一旦発行したものに関しては、レコード会社が訂正しない限り、一般にその間違いを正し真実を伝えて行くことは非常に難しいのです。レコードの発売時期に問題意識をお持ちの方がどれだけいらっしゃるか知りませんが、研究者が発売時期を確認しようとした場合、調査する対象たりうる書物は、国会図書館に保管されているこの目録になってしまうのです。残念ながら、仮にそれが真実と異なっていようとも。約束事の確認事項でもあるかのように。




beatles or-7041
「ビートルズ!」<OR-7041>
日本デビューLP



 問題はビートルズです。アホみたいにビートルズ、ビートルズって言ってますが、またしてもビートルズなのです。日本におけるビートルズ事象。本当に不思議なことがいっぱいあります。先ほどの発売月なら問題ないのですが、発売日となると、昭和30年代においては基本的に東芝音楽工業の年鑑目録にも明記されてないのです。本国イギリス盤は当然のことながら、アメリカ盤でさえもビートルズのLPの発売日は各LPごと完璧に示されています。当然でしょう。何たってあのビートルズのレコードですからね。しかしながらこと日本盤に関しては、21世紀に突入して早10年が経過しようとしているというのに、未だに発売レコード会社であるEMIですら、「ビートルズのLPが初めて発売されたのは1964年の4月」としか示せないのです。ビートルズのデビューLPの発売日ですよ。

みなさん、この事実ご存知でした?




スポンサーサイト
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。