スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPリニューアルの予定

ただいまHPのリニューアル中、近々公開予定です。

すっきり見やすくなりそうで、

購入もショッピングカートを利用する予定です。

うまくいけば今月中には公開できそうです。


さて、久しぶりに来たワタクシですが、来週は所用で神奈川へ。

ニューグランドホテル&オリジナル ジョーズなんて、

横浜ホンキートンクブルースしてくる所存であります。
スポンサーサイト

今年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

さて、年末最後の日曜日(12月27日)
いつものように店番しておりますと・・・
ご来店いただきました、日本ロック界の最強ヴォーカリスト様・・・

さりげなく検索するワタクシ、
確かに広島でライブとなっておりました。
いらっしゃいませ。

そういえば昔、福岡での再結成ライブに
日帰り新幹線で行ったのは、98年12月27日、
ちょうど11年前だったのでした。

だから何ということもなく、
お買い上げありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

田舎のバス 後編

inakanobasu2.jpg

中村メイコ/田舎のバス<VS-3> リストNO.119


F君の家で、そのレコードを見たとき、まず表紙にやられました。
今でいうところの、ありえねえシチュエーションですが、
昔ってこうだったんでしょうかねえ。
まあ当時の小学生にはインパクトありました。
そして、歌もいいのですが、セリフの方を気に入っていたように思います。

その後、F君の家に行く度に聞いていたのですが、
ますます気に入っていく自分に対して、
F君はしだいに飽きていったようです。

またレコードを聞きに行ったある日、
「引越しの準備せにゃあいけんけえ、あのレコードはもう段ボールに入れた」
というのです。
「ふーん、じゃあ引越したらまた聞かせてね」

そう、F君宅は、うちの裏向かい・徒歩7秒程度の空き地に
家を建てることが決まっていたのです。


引越したら、また何回も聞かせにゃあいけん!と
F君が思ったかどうか定かではありませが
数日後、
「ばあちゃんに、あのレコード、Mがすげえ気に入って何回も聞くんじゃあ、
言うたら、ほんならあげんさい(それなら差し上げなさい)言うとったで~」
と言うではありませんか!!

やったー!!
F君の引越しがとても楽しみでした。


しかし・・・・

引越し後、何度もF君に、レコード出してえや~、どこにあるん?と聞くものの、
あのダンボールはまだ出しとらん、どこにあるか分からんなった、
という感じで、なかなか出してくれないのです。

そして・・・・

「レコードあったんじゃが、車のトランクの中に転がっとって、
熱でぐにゃぐにゃになったんじゃあ、ほら~」
と言って、まさにぐにゃぐにゃになったレコードを見せるのです・・・

「じゃあ、表紙だけでもええけえくれえやあ
(表紙だけでも構いません、くださいませ)」
「あれも、ぐしゃぐしゃになったけえ捨てたよ」
「えええーーー、くれるゆうたじゃんか~」」

・・・・・・・

その後のことは、よく覚えていませんが、
中学生になり中古レコード屋に通うようになった際
(といっても2件だけなんですけど)、
歌謡曲のコーナーは必ずチェックしていました。

いつかそのうち見つかるだろう、また聞きたいな、なんて軽く考えていたある日、
80年代終わりか90年初め頃のことです。
とある通販リストを見て驚きました。
なんと、あのレコードが表紙になっていたのです!
げっ、これってレア盤だったのか~
今頃気づいたワタクシ、
そりゃあ、見かけないはずですよねえ。

その後、90年代に別の店の通販リストの表紙でもう1回見たのかな、
結局レコードは3回ぐらいリストで見ただけだったと思います。
SPは見かけることはあるものの表紙が違いますからねぇ。

そして21世紀に入って発行された「プレミア・レコード図鑑」には、しっかり掲載されており、
約30年ぶりにカラーの表紙と出会うことになったのでした。

そしてそして今年のリストにさりげなく掲載されていたのでありました。

田舎のバス 前編

小学校低学年の頃でしたから、70年代初めのことでしょうか。
同級生と「バス調べ」をしていた時期があります。

「バス調べ」とは・・・
バスの後方中央に書かれた3桁の数字、
あ、これ全国的にはどうなんでしょう、書かれているのかな。
これをバスが通過する度に記録していくのです。

たとえば
11月23日 13時25分 下り 731

11月23日 13時28分 上り 532
といった感じで、順次記録していくのです。

これ、大人目線でいくと規則性あるはず、
と思えるのですが、以外と無いんですね。
もちろん、通過するごとに各自予想するのですが、
なかなか当たりません。
やたら古くてボロいバスの番号がI君の誕生日と同じで、
古そうなのが来ると、
あれ321じゃない?
やっぱりー
なんて盛り上がったりもしました。

話はいきなり変わりますが、この頃ステレオを持っていたのは
同級生ではF君宅だけだったと思います。

これは、貧乏人ばかり住んでる団地だったから、という訳ではなく
20代の夫婦+小さい子供が多い新しい団地で、
車にテレビに冷蔵庫に洗濯機はあるけれど、
ステレオにはまだ手がまわらない、というのが実情だったのではないかと
思われます。

F君の家はまだアパートでうちから徒歩45秒ぐらいだったのですが、
よく雑誌の付録ソノシートを聞かせてもらっていた覚えがあります。


そんなある日、F君が
「ばあちゃんのレコードが出てきてから、すげーおもろいんじゃぁ、
田舎のバスがおんぼろでタイヤは穴だらけ(正しくはツギだらけ)で
窓は閉まらんで、パンクしたら馬に引かせるゆう歌なんじゃ~」
と、いかにもおもしろそうに言うのです。

「ふ~ん・・・・」

あんまし・・・おもしろそうには・・・思えませんでした。
だって、タイヤは穴だらけ(ツギだらけ)で
窓は閉まらんで、パンクしたら馬に引かせるようなバス、
この田舎団地ですら、見たことないのは、
いつもバス調べをしているF君ならよく知っているはずです。

「今度来た時に聞かせちゃるけえの~」
F君はうれしそうに言うのでした。


続く


PS by k

inakanobasu1_20091123203939.jpg
SPですが「田舎のバスで」リスト乗ります(いや間違った、載ります)

頭脳警察 誕生

ジスボーイがオープンしたのが94年ですから、
ワタクシが初めて菅田米穀店リサイクル部を訪れたのは
それより少し前、92年ぐらいだったでしょうか。
至る過程は長くなるので省略して、肝心な場面に飛んでみましょう。

「じゃあ、頭脳警察で持ってないのは、あとファーストだけ?」

「いやあ、帯の種類が何種類かあって、
まだ分からんのもあるんですよ、
悪たれ小僧は3種類分かったんじゃけど、
他のも3種類あるんじゃないかって言われとって・・・
誕生は黒と赤は持ってて、でも、
もう1枚あるかもしれんのですよねぇ・・・」

「誕生?じゃあ、もう1枚は白じゃ、ぼくは見たことあるよ」

「え!!そうなんですか!!やっぱり3種類あるんですねえ!!」

この日はいろいろと収穫もあったのですが、
この証言がもっとも大きな収穫だったかもしれません。
99年頃、初めて作った僕のHPには
未所有として誕生の白帯を記載しておきました。


さて、時は流れて21世紀、
ジスボーイが広島市内に移転し、
プレミア・レコード図鑑の企画を聞いていた場面です。

「でも、一番レアなのは誕生の白帯かもしれませんよ(半分冗談のつもり)、
店長しか見たことなかったりして・・」

「え?誕生の白帯?ぼくは知らんよ」

「えええ!!10年ぐらい前に米屋に行った時、
見たことあるって言いましたよ」

「それ、、、ぼくが言うたん??」

「もちろん、かなりハッキリ言いましたよ、白があるって・・・」

「うわぁ~憶えとらんわぁ~」

「そ、そんなぁ~・・・・」

「でも、あの頃はまだ記憶がしっかりしとったけえ、
はっきり言うたんなら、見たんじゃろうのぉ・・・」

「・・・・・・・・・」



その後、なにかのショックで思いださないかとの淡~い期待をいだいて数年後、
本日の場面です。


tanjo_20091103205630.jpg


「オークションのリストで誕生の赤帯があるんじゃけど、
これは赤帯って書いておけばいい?」

「いいですよ、定価2000円ですよね」

「うん、で、これは何番目なん?」

「いや~分からないですねえ、2番目か3番目なんですけど・・・」

記憶というのは、薄れていく一方なのかもしれませんね。



何番目か分からない、というのは

1.黒帯 定価1800円
*.白帯 定価?
*.赤帯 定価2000円

となるのですが、
白帯が定価1800円の印刷なら
赤帯は3番目(個人的にはこの可能性が高いと思います)、
白帯が定価2000円の印刷なら、赤と白、どっちが先かは分からない、
ということになります。

なんだか柔道のようですが、順番からすると柔道家が作った帯では
なさそうですね。





このレコードの白帯を見かけたら、そっと私だけに教えてください。


PS by K
ごめん、モンリー君。
「プレミア・レコード図鑑の企画を聞いていた場面」のやりとりすら、今は忘れているよ。
レコード・カタログの書籍化に際し、僕が徹底した現物主義を貫く原因が分かったじゃろ?
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。