30周年記念オークション・リスト完成

IMG_2179_20180209193350cdb.jpg
30周年記念特大号「かんだレコード・リストNO.36」のA表紙は「ウガンダ」帯付。
別名「うがんだレコード・リスト」、というシャレが‟うかんだ“。


 本日通販リスト発送しました。いやー、今回は例年に増して長期戦でした。当初予定していた3500枚は時間切れということで、結局2863枚でドクター・ストップ(医者に止められたわけではありませんが)。700枚近くは次回に持ち越しとなりました。申し訳ありません。あまり無理はしないという諦観年齢に達しておりまして、おかげで体調はヘヴィーなハード・ワークのわりにいたって平穏であります。と言っても昨年度の1457枚を考えるとほぼ倍近い枚数で、特にビートルズ関連アイテムは、国内アーティスト編のソノシート等も加えると当初予告していた300枚からさらに加算して400枚越えとなりました。『サージェント・ペパーズ~』が発売された67年当時、発売前の音楽雑誌でリンゴが「次のLPは期待していてネ」と自信満々の笑みを浮かべた写真が掲載されていた記憶があり、その写真を今回のブログで使おうと「ヤング・ミュージック」(有力)や「ミュージック・ライフ」「ティーン・ビート」等いろいろ遡ってチェックしてみたのですが結局見つけることが出来ませんでした。ネット公開は中旬あたりになりそうですが、正にリンゴの心境で、(ちょっぴり弱い邦楽LPを除いて)


今回のリスト期待していてネ!


平成リスト


IMG_2005_20180108223410569.jpg

poster.jpg
「ヤング・ミュージック」1968年10月号裏面広告
このカッコいいポスター、どこかにあるはずなんですが・・
      




謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

いよいよ平成が今年度で終わりますね。レコード・オークション通販リストを1988年の夏にスタートしたということで、今年でいよいよ30年目に突入です。我ながらよくやってきたと思います。「30年目」と「平成30年」。ほぼ平成(ヘイセー)と並走(ヘイソー)してきたわけで、平成リストと呼んでもいいでしょう。そして平成リスト最後の年となる今回、偶然か必然か、過去最大の掲載枚数となりそうです。基本的に1年間買取したものを集約しリスト化するという行為を続けて来たわけですが、かつてジスボーイをオープンする前の大昔に東北のラジオ局から1万枚のシングルを買取したことがあり、さすがにその時だけは3回分(昔は年2回リスト)に分けました。新リストNo.36の邦楽シングルでは、それ以来となる二度目の分割処置を施すことになりました。反面、邦楽LPが弱いとかいろいろとあるんですが、何とか「平成リスト」としての有終の美を飾ることが出来そうです。感謝!
(リスト完成2月中旬予定)






IMG_2004_201801081722266dd.jpg
レココレ新年号(中旬発売)広告。ラフ原稿で失礼します。もうひと月のラスト・スパートです。
 

天使の歌声

0000000001122.jpg
KENICHI KUROSAWA/「HEAR ME NOW」<24FL-0220>


 黒沢さんが旅立って1年。素晴らしいアルバムが完成しました。多くの音源が残されていることは噂には聞いていましたが、正直ここまで予想を超えたものに仕上がるなんて・・。残された音源に手を加えたロックン・ロールの名曲には、過去にもバディー・ホリーの「新婚のペギー・スー」や(ビートルズもカヴァーした)「クライング・ウェイティング・ホーピング」等があります。ジョンの「フリー・アズ・ア・バード」や「リアル・ラヴ」もそうですね。でも今回のアルバムはポップ・ソング集でありながらも、いわゆる「売らんかな」的な商業主義のかけらも感じさせません。伝わって来るテイストは、むしろその対極にあるものに私には聴こえます。彼を知る多くの仲間達が‟黒沢さんへの想いだけ“を結束しサポートした、そして黒沢健一のポップス・センスがこれでもかと言わんばかり濃縮された極上の1枚となっています。昨年の暮れ以来、黒沢さんがこれまで残した数多くの作品を聴くにつけ、(ファンの方も何かで書かれてましたが)‟未来に誕生するはずだった多くの名曲が永遠に失われた“思いでいました。でも今回のCDの完成で、正にその「未来の名曲」達が誕生したと言っていいのではないでしょうか。










バディ・ホリイDC-1082★
バディ・ホリイ/新婚のペギー・スー<DC-1082>
このドーナツ盤の存在に興奮していた黒沢さん。25年前の話です。





レコードは天下の回りもの  ~歌謡ドーナツ盤のディープな世界

IMG_8594.jpg

 本日巨大帯付レコード・オブジェが、このような巨大レコード看板に切り替わりました。「60年代音楽専門店」らしいLP看板でしょう?もともとこれで行きたかったんですが、‟ビートルズ来日50周年”と自らの年齢の64才(When I’m Sixty Four)が重なったことで、個人史的記念物として町の活性化も兼ねて急遽変更したわけです。ただビートルズ・バカが作ったオビジェ、じゃなかったオブジェを2階の前に置いているだけなのに、勘違いされた「ビートルズ看板」としてのインパクトが大き過ぎて町内では近づきがたいイメージでとられてしまい、活性化するどころかますます孤立化する始末(笑、ってる場合じゃない)。町内の人の来店は稀なのに、先日も東京からカヴァーポップス・コレクター(ピーナッツ・コレクションはトップ・クラスとみました)と彼のアメリカの友人(歌謡曲ファン?)が来店。それに和モノDJ軍団が加わり、さらにドイツから洋楽ロック・シングル・コレクター(20年来の付き合い)も来店と、内外コレクター入り交じって凄い状況になってしまいました。普段は2階の入口ウインドウから見える農協ビル屋上の旗がなびくのを、コーヒー飲みながらのんびりと眺めるのが至福の時なんですがね。ネット等を通じて外見だけで判断する人や新しいレコード・ファンの中には「ビートルズ専門店」と勘違いする人も・・。実態は60~70年代音楽専門店なのに。ということで、「ステレオ!これがビートルズVOL.1(来日記念盤)」の帯付LPオブジェは、今後は来日滞在した6月29日から7月4日までの限定公開とさせていただきます(って、誰か見に来るのかい?)。








IMG_1893_201711161954193bf.jpg
チョイスした6000枚のシングルがぎっしり詰まったダンボール16箱、無事到着。

 看板変更の予兆をキャッチしたのか、先月埼玉から昭和歌謡の買取依頼の電話が。ちょうど台風が関東を直撃するという天候だったのですが、昭和3~40年代(もろ1960年代!)のレコードの魅力には勝てません。予約していた飛行機をキャンセルし、早朝の新幹線に急遽切り替え埼玉に向かいました。77才の叔父から譲り受けたという1万枚の歌謡曲系ドーナツ盤を2日間に渡って査定。半世紀近く突っ走って来られたコレクター道の成果は、途方もない内容でありました。以下成果のほんの一部を。

IMG_1906.jpg

IMG_1910.jpg

IMG_1911.jpg

IMG_1912.jpg

IMG_1913.jpg

IMG_1914.jpg

IMG_1915.jpg


このコレクション群は、現在メインとなっているネット・オークションではなく、都内のハンター等の中古店廻りやフリーマーケット・骨董市等を足しげく通うことのみで築き上げられたものとのこと。しかも20年前に既にそのコレクションは終了していたというから驚きです。収集熱の圧を感じさせる、たとえばこんな塊。

IMG_1898.jpg IMG_1897.jpg

これらは東京の大手老舗中古屋「ハンター」の値札のかけらとホッチキスがそのまま残っているシングル群(このタイプが100枚以上!)。一般に「ハンター・ダメージ」と呼ばれるジャケットは購入者がホッチキスを外した後の2穴だけが残っているものをさすのですが、そのままの形態はこれまであまり見た記憶がありません。このホッチキスはジャケットと内袋が分離しないようにくっつけたものだと勘違いしていた私は、その昔ホッチキスの代わりに米粒で止めて特徴を出そうかと考えたことがありました(ギャグですよ)。これ以外にもお店の個性が感じられるテープ止めや、クリップ止めがそのまま残っている塊がありました。そんな中、このような塊が・・。

IMG_1895_20171116203054465.jpg

IMG_1896_2017111620315649b.jpg
とっさにビビっときた私は、このジャケットを見て確信しました。この「赤盤」は女房の字だ!
そうなんです。何を隠そう28年前、初めて単独で東京進出した「明治公園フリーマーケット」で売ったレコードだったのです!!おもちゃ鑑定士の北原照久さんの本で、アンティーク屋でブリキのロボットを息子の誕生日祝いに買って帰った外国人の小話を読んだことがあります。「これがパパが子供の時に持ってたのと同じロボットなんだよ。背中にパパのイニシャルを書いてたんだけどね。」と裏返してみると、なんとそこには自分の書いたイニシャルが残っていた、という感動的な話です。何かその話を思い出してしまいました。買取依頼いただいたKさんも、「その頃は盛んにフリーマーケットは回っていましたから、時代的にも一致しますね。」と納得されていました。

fm1.jpg
明治公園フリーマーケット会場(1989年11月5日)

fm.jpg
北区在住のコレクター宅にレコード送り、都内でレンタルしたトラックに積み込みそのまま会場で店開き。
いや~、懐かしい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
mma.jpg
「ミュージック・マガジン」1989年10月号の広告

この時の広告に‟雨天中止の場合は、ロック喫茶「TOMMY BOY」(小金井市)にて開催します“って書いてあるんですが、完璧にそのこと忘れていました。当時リスト請求いただいた面識もないマスターに電話でお願いしたのでしょう(厚かましい!)。結局その日は晴天で、それ以後まったく連絡とってませんでしたが、お元気でしょうか?まだ何とか私は中古屋やっております。不安だらけだった初の東京進出を助けていただきました。その節は大変お世話になりました。感謝しています!
(FROM ‟THIS BOY” TO ‟TOMMY BOY”)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらに、サイン入りの塊も。

IMG_1899_2017111622073634a.jpg

IMG_1904.jpg

IMG_1905.jpg


そして、デビュー盤の塊も。

IMG_1931.jpg



査定を続けながら、Kさんとも夜遅くまでいろいろとお話しさせていただきました。Kさんの半世紀近いこれまでの人生も実に興味深く、これはこれでおもろい小説が一本書けそうな内容ではありましたが・・。おしゃべりな私も、さすが深夜2時あたりには言葉数もすっかり減って、両腕両膝の筋肉痛に耐えながら、翌日の昼過ぎに無事何とか査定完了しました。ほぼ歌謡曲シングルの山なのですが、ロック系と比べてディスコグラフィー等データも乏しく、認知度の少ないアイテムも多いジャンルだけに、そのディープさは計り知れません。だからこそ和ジャズ・ブームに続いて和モノ・シングル・ブームが来てるんでしょうね。ほぼ結論が出た後にKさんが一言口にされました。

「今初めて言うんですが、実は菅田さんのブログを隅から隅まで読ませていただいてこの人に買取をお願いしようと決めたんです。」

う~ん。泣けるじゃないですか。それじゃなくても突如涙が出たりするのに(気分高揚しないのに突如涙が出るのは「老化の一種」であることを最近知りました)。


IMG_1921.jpg
私、先に看板作って自ずと気分高揚させるタイプなんです。

特にレアなものだけでも優に100枚を超える「デビュー盤」群は、「昭和デビュー館」なる構想を持っている私にとって実に大きな前進でした。モチベーションも格段にアップしました。Kさん、ありがとうございます。Kさんのお気持ちと、叔父さんの半世紀費やした労力は決して無駄にしませんから。

西暦2000年の子供達

kotowaza_20171013114146c32.jpg         for sale
「バカの一つ覚え」という言葉もありますが・・


 毎年10月はオークション・リストの検盤作業に没入する時期です。「一を以て之を貫く」の精神でがんばっております。特に今回は過去最高の枚数になりそうで、その要因のひとつとなっているのがビートルズ関連アイテムの大口買取があったことです。掲載予定は300枚以上。年1回のオークションは、その1年間に買取したものを中心に掲載します。よって60~70年代の国内盤をオール・ジャンルに渡って満遍なくリストすることは結構大変なんです。基本的に同じアイテムを(続けて)掲載しないことを鉄則としているため、価格崩壊が進むレコードでオークションの最低価格をクリアしたものを1000枚以上集めるのは至難の技でもあります。ですからビートルズに限っても、年度によっては30枚以下ってことも少なくありません。ビートルズ専門店でもない当店に(よく誤解されますが)、こんなに集まったのも前代未聞のことであります。検盤作業にかこつけて、久しぶりにビートルズのレコードを聴き込み堪能しております。ああ~、しあわせ!








anthologys[1]


 
『アンソロジー・ボックス』の冒頭で、デレク・テイラーの解説を再確認する。


「20世紀最高のロマンス、いや、あるいは「ただのバンドがとってもとってもビッグになっただけにすぎない」のだろうか?後者は、ビートルズ神話を紛糾しようとするハードボイルドなジョンの解散後の言葉だ。そして前者は、当時をふりかえり懐かしみを込めた私のバラ色に染めた見解である。」


『アンソロジー』が発売された1996年はビートルズ解散から既に四半世紀が経過しており、デレク・テイラーが能天気なロマンス・ガイでないことは、それから20年近く経た現在において彼の見解がより真実味を帯びていることからも明らかです。




 fs.jpg


その“ロマンス・ガイ”デレク・テイラーが、ビートルズ4枚目のアルバム『フォー・セール』で初めてライナーを書いていたことはあまり意識していませんでした。『U.K. ORIGINAL ALBUM BOX』に収録された『フォー・セール』<TOJP-7074>にその邦訳を見つけました。


「FOR SALE といっても、彼らが売りに出ているわけじゃない。金銭的な面は何かと取り沙汰されるものだが、この際そんなことは大した問題ではない。とにかくこのアルバムは「買い」だ。

  (中略)

 お金や人気が全てではない。これらの曲ははかり知れない歴史的価値をもつものだ。人は誰しも若かった頃に戻ることはできない。世代がめぐって、子供が葉巻をくわえて土星にピクニックに行くような時代の「放射能チャイルド」みたいなガキが、「ビートルズって一体なに?」などと尋ねた時に、君は本当にビートルズを知っていると言えるだろうか?長髪や絶叫の説明なんかでお茶をにごしてはいけない。そんな時にはこのアルバムの曲をいくつか聴かせてやることだ。そうすればおそらく彼らにもわかるだろう。西暦2000年の子供達も、彼らの曲を聴けば、現在の我々と同じように暖かな、幸福な気分を味わうことだろう。 
(日本語訳:斉藤真紀子)」


“長髪や絶叫の説明なんかでお茶をにごしてはいけない”の一言、しびれます。この日本盤の帯には“英国オリジナル発売1964年12月4日”と書かれています。そして当時デレク・テイラーがロマンとして究極の視野に当てた「西暦2000年」からも既に20年近くが経過しようとしている現在、私も同じように“暖かな幸せな気分を味わって”いるのです。(西暦2017年のしがない高齢者ですが、何か?)


プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示