金沢JAZZ STREET 2017

new soul
「ニュー・ソウル特別ハイライト盤」<LWG-1056~7>
ヤング・ホールト・アンリミテッドの「テーマ曲(ソウルフル・ストラット)」で始まり、
シュープリームスやマービン・ゲイの「ホワッツ・ゴーイン・オン」を収録。
ただしDJは、Shogo Hamada ではなく Peter Perkins


  「The Moonlight Cats Radio Show」売れてるみたいですね。2年前の前作「Journey of a Song writer 〜 旅するソングライター」も史上初の六十代で2週連続アルバム⾸位を獲得したことが話題なりましたが、今回の初登場1位・2位独占もデビュー以来初とのことで評判を呼んでいます。64年の全米チャートでビートルズが1位から5位を独占したという記録がありますが、今回はたまたま「Vol.1」「Vol.2」を同時発売したのがチャートに上がっただけのことで、当然本人もそれを狙ったわけでも何でもないでしょう。そんなことより個人的に感慨深いのが、“英語で歌った”洋楽カバー・アルバムがオリコン・チャート1位になったということです。そんな例って他にあるんでしょうか?(竹内まりやの「Longtime Favorites」がその類でしょうが、このアルバムは一部日本語カバーを含んでいます。)そこにこそ、私は「史上初」(?)としての価値を見出したいのです。別に1位になることがエラいわけではないし、ミュージシャンとしての価値がそれだけで測れるものではないでしょう。でも単純に考えて、洋楽カバーで1位を獲るということは凄いことだと思うのです。60年代や70年代の洋楽に触発されてスタートした日本のミュージシャンは少なくありません。でもそうした音楽のカバー集は、ヘタをすると趣味的で安易なリスペクト・ソング集に陥りかねません(決してそうしたものを否定するわけではありませんが・・)。今回の結果は、この時期に及んであえてカバー・アルバムを出した浜田省吾の洋楽への敬愛の深さと、デビュー以来ブレないスタンスや想像を絶するライヴ活動の継続によって獲得したファンの信望の厚さとが作り上げた、ある種の「天恵」とさえ私には思えるのです。







kjs2017_20170915111325da5.jpg

kjs2.jpg

kjs3.jpg


  いやはや、凝りませんね。もうライヴの日まで浜田君のことを語ることはないと思ってたんですが・・。レコード・ファンのウザそうな表情が何となく頭に浮かんできましたので、さあ、宣伝!宣伝!本日の前夜祭をスタートに、明日から18日までの3日間、金沢は「金沢JAZZ STREET 2017」の開催でジャズの町と化します。3日間で予想される集客は10万人。何とこのイベント、今年で9年目を迎えるとのことですが、今回の初企画での依頼があるまで知りませんでした(井の中の蛙ですね)。イベント会場は20ケ所もあるのですが、今回当店が参加するのは金沢アートグミで開催される「ジャズレコード・カバーアート展」です。内容は“金沢工業大学PMCをはじめ、店舗やアーティスト、コレクターにご協力頂き、壁一面にレコードジャケットがディスプレイされます。迫力満点。開催時にはDJによるプレイも必聴”というもので、協力店舗として海外盤をDisk Unionさんが、和ジャズ盤を当店が担当させていただくことになりました。「和ジャズ・ディスク・ガイド」(塙耕記+尾川雄介著、リットー・ミュージック)という名著を出されている塙さん率いるDisk Unionさんを差し置いて和ジャズのディスプレイを担当することは実におこがましいのですが、この本もしっかり参考にさせていただきセレクトしました。塙さんとは以前お酒を交わした面識もありますが、声識?しかない尾川さんには今回のセレクトに関して意見をお聞きしました。“ええっ、そんなものを送って大丈夫なんですか?”的な気遣いも感じましたが、さすがの見識。非常に参考になりました。ありがとうございました!


wajazz.jpg
「和ジャズ・ディスク・ガイド」(塙耕記+尾川雄介著、リットー・ミュージック)



以下、セレクトのほんの一部ですが列挙させていただきます。

サード/ハレ・クリシュナ 


石川晶/アフリカン・ロック

山下洋輔トリオ/イントロデューシング・タケオ・オリヤマ

菊地雅章/ダンシング・ミスト

村岡健,植松孝夫/ライド・アンド・タイ

弘田三枝子/スタンダードを唄う

アストラッド・ジルベルト/ゴールデン・ジャパニーズ・アルバム

中村照夫グループ/ユニコーン

渡辺香津美/インフィニット

10_20170915113545d58.jpg

富樫雅彦/ Masahiko Togashi

美空ひばり/ひばりとシャープ  

お近くの和ジャズ・レコードファンの皆さま、是非とも会場に足を延ばしていただければと思います。
半分近くは年末のオークションに出ますので、コレクターの方はチェックよろしくお願いします。
(本当に現物送ってしまったんです)

ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドからJ.S. INSPIRATIONSへ

ds1 (1) ds1 (2)
1000枚のうち4分の3は、1階の300円コーナー直行の内容でしたが・・。


  忙しいっス。先月の70年代洋楽シングル1200枚に続いて、先日は四国にあった某デンキ店レコード部の60年代デッドストック・シングル1000枚を買取。「金沢ジャズ・ストリート2017」のレコード・ジャケット・アート展用の和ジャズLPも、かろうじてリミットぎりぎりの昨日発送しました。詳細については後日改めて報告させていただきます。









mcrs_20170911151454d01.jpg
SHOGO HAMADA & THE J.S. INSPIRATIONS/「The Moonlight Cats Radio Show」


 先週発売された「The Moonlight Cats Radio Show」の2枚のミニ・アルバム、毎日聴いております。

「浜田君が凄いバンドを作った!」

というのが率直な感想です。これは何を隠そう、高校2年生だった1969年11月4日の三津田高校体育館でロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの演奏を初めて見た時に感じたのとほぼ同じ感覚なんです(“記録”があるんですね。唯一の「ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド研究家」ですから(笑))。荒木一郎のファースト・アルバムの魅力を再確認した時のように、ひょっとしたら秋のライヴ観戦日まで毎日聞き続けられるかもしれません。いや~、素晴らしい。





vol 2 (2)
VOL.1

 ジャケットもそうですが、DJ仕立てにした気取らなさ、「バンド・メンバーと楽しんじゃいました」的なお遊び感覚。でもでも、なぜか極上なんですよ、テイストが。R&Bインストの導入曲も絶妙なセレクトで、いやがうえにも気分を盛り上げてくれる。キーボードの音色に各楽器が絡まり、自然に60年代の桃源郷になだれ込む。「My Cherie Amour」でとろけさせ、「Mercy、Mercy、Mercy」でジャパニーズ(・ブルーアイド?)・ソウルを見せつける。「This Boy」が浜田君のリード・ボーカルでないことを事前に知ってしまった私は、次の「You’ve Really Got a Hold on Me」に賭けていました。ミラクルズなんかじゃない。浜田君にとってこの曲は、絶対にビートルズなんだ!と。ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドのビートルズ・カヴァーは「ミズリー」他全部で14曲あるんですが、この曲は歌ってません。でも歌声は想像できるんですね。「オー・ダーリン」を歌うのを聴いた時に感じたちょっとした違和感は、きっとこの曲にはないはずです。だってジョンのボーカル曲ですから(R&Bカヴァー・アルバムなら、是非とも「アンナ」を浜田君に歌って欲しかった。←コラコラまた始まったぞ)。でも聴いてみたら違ってました。粘っこいというか、明らかにリズム・テンポがミラクルズ寄りで、これはこれでいい感じ。でもファルセットではちょっぴりジョンが顔を出します。六十代になってから年に一二度、何の昂(たかぶ)りもないのに突如涙が出ることがあるのですが、次の「Will You Still Love Me Tomorrow」の歌声を聴いて、何故か不覚にも涙してしまいました(決して“泣いた”のではありません。娘っ子の歌声で泣いてしまうような野暮な野郎ではござりませぬ)。この曲を歌う中島さんだけでなく竹内さんも含め、J.S. INSPIRATIONSの二人の歌姫は、予想以上の洋楽カヴァー・ボーカリストでした。「What’s Going on」は語り継がれるべき名唱ですね。何も言うことありません。CDに記録された私にとっての浜田省吾洋楽カヴァーの最高峰は圧倒的に「Be My Baby」だったのですが、超えました。


vol 2 (1)
VOL.2

 2曲目の「My Girl」は意外や意外、これが当たりでした。期待していたボーカルに何故か一番近い感じ。高校時代の歌声をちょっぴり想い出しました(本音を言えば、「Girl」だったらなおよかった。まだ言ってる)。4曲目の長田さん歌う「Crazy Love」も大当たり。ギタリストって渋いボーカルをきかせる人多いんですが、スパイダースのアルバム『スパイダース69』における井上堯之ボーカル曲「エニータイム・アット・オール」の佇まいを連想してしまいました。そして「This Boy」。かつてFMラジオのインタビューで、「タイムマシーンで行くとしたらいつの時代に行ってみたいか?」の質問に、浜田君は「過去のことはだいたい分かるので、未来に行ってみたいですね。」と答えていました。それとは対照的に、十代に聴き込んだ音楽を宝物のように慈しんでいる発言も何かの本で読んだ記憶があります。アーティスト浜田省吾にとって、郷愁的な音楽は安易に記録として残すべきものではないのかもしれません。展開部のサビは町支さんが歌っていますが(歌上手すぎ)、その後に転調して演奏されるジョージ・マーティン楽団風の間奏が絶妙で、この曲が使われた映画のシーンと同じくこれはこれで“郷愁的”ですらあります。最後のコーラスでは、ハッキリと48年ぶりの浜田君の歌声が聞こえました。2枚セットの最後は、フィナーレにふさわしいゴージャスナな「Ain’t No Mountain High Enough」で完結します。お見事!!







sdsm_201709111627236b1.jpg

 10代の浜田君を振り返ってみると、何より洋楽のヘヴィー・リスナーだった気がします。まず、そこなんです。そこからすべてがスタートしているんです。その入れ込み方が普通じゃあなかった。そしてそのまま自然とバンド活動へと流れていくことになるんです。でも当時の若者、特に浜田君のようなナイーヴな十代にとって、時代そのものは非常に不安に満ちていました。バンド活動している時以外の浜田君の笑顔って、あまり記憶にありません。アルバム『Save Oue Ship』の冒頭に「青空」って曲がありますが、高校時代の浜田君のイメージは、私にとっては正にあの世界です。でも浜田省吾には、十代の瑞々しい感性で洋楽を聴き込むことで得た「音楽に潜む普遍性」への想いがその背景に流れている気がします。だからこそ、未だにファンを魅了してやまないのだ、と思っています。60年代の洋楽ファンがそうだったように、言葉が直接届かなくても、メロディアスかつグルーヴィーな楽曲と歌声だけで多くのメッセージを受け取ることが出来るはずです。



lhcb.jpg
RCCテレビのアマチュア・バンド番組で、
「イッツ・オンリー・ラヴ」をハモる17才の浜田君と岡田さん(「浜田省吾事典」より)


 どうです皆さん、お分かりになったでしょ?洋楽を歌う浜田省吾のカッコよさが。高校時代はフォーク・ロックでしたが今回はR&B。でもロンリー・ハーツ・クラブ・バンドには岡田さんという歌姫もいたし、彼女が歌うメリー・ホプキンの「グッドバイ」では、リーダーだった福田君が間奏でトランペットを吹いたりしたんですよね。そう考えると、洋楽カヴァー・バンドとしてのJ.S. INSPIRATIONSは、ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの“実に偉大なる”進化形ではないのかとさえ私には思えても来るのです。
私はこのアルバムを15年、いや40年待ちました。浜田君、ありがとう!




買取、そしてチョイスとセレクト

hokensho_201708211812336d4.jpg
「介護保険被保険者証」届く。誰のかと思えば私のだった。WHEN I’M SIXTY FIVE!
これでリラックスした安心の老後が“保証”された。







ダンボール
このダンボール(約120枚)が10箱分の計算になります。

shingle_20170821182833acd.jpg


  つい先日、70年代をメインとした洋楽シングル1200枚を買取しました。安芸津町に出戻り移転して以降にたまに来店される、ボーカル・ジャズ・歌謡曲を中心とした県外のオールド・レコードファンがいらっしゃいます。今年になってトレードで入手されたという大量のシングルを車で持ち込まれ、「お金はいりませんので、その分今回の買取額だけお店の商品を買わせていただきます。」とのことでした。枚数が枚数だけに短時間ではとても査定額は出ず(全部目を通しますから)、時間も余裕がないということでその日は30枚ほどお店のLPをお買い上げいただきそのまま帰られました。翌日私が提示した買取額に驚かれ、「そんなになるんですか!? とてもそんなに買えませんので」と、結局送金させていただくことになった次第であります。




あまり見ないかなというものを中心に、お遊びで「おもしろイラスト・ジャケ」を10枚ほどチョイスしてみました(決してプレミア盤というわけではありません)。

まずは不思議ジャケ2枚

パーコレイター
ホット・バター/パーコレイター<JET-2188>


ドラマティックス
ドラマティックス/ヘイ・ユー<DW-1074>



続いて邦題おもしろジャケ4枚

サザーランド
サザーランド・ブラザースとクイヴァー/愛さずにいられたら(YOU GOT ME ANYWAY)
「愛さずにいられない」のひねり邦題?



ドンナ・サマー
ドンナ・サマー/恐怖の脅迫電話(THE HOSTAGE


センチュリー・オーケストラ
センチュリー・オーケストラ/キング・コングがディスコにやって来た!(KING KONG IS BACK AGAIN


ファイヴマン・エレクトリック・バンド
ファイヴ・マン・エレクトリカル・バンド/ビリーは狼少年(WEREWOLF)


最後にカラフル・インパクト・ジャケ4枚を

リトル・ビーバー
リトル・ビーバー/パーティ・ダウン<SS-2420>


ストリークス
ストリークス/気まぐれストリーキング<HIT-2139>


バブルロック
バブルロック/びんた一発<TOP-1938>


ホットショッツ
ホットショッツ/スヌーピーの赤男爵をぶっとばせ<SFL-1812>



目の保養になられましたでしょうか?











images_20170821173926bb8.jpg jazz art
 

  映画「ノルウェイの森とリラックス・スペース「EIGHT」に続いて、久しぶりにレコード・セレクトのお仕事二つ入りました。来月金沢で3日間開催される「KANAZAWA JAZZ STREET 2017」における「ジャズレコード・カバーアート展」の和ジャズLPセレクトと、東京のデザイン・ディスプレイ会社からの依頼による(要は親しい知人が勤務してるんですね)、モノトーン・ジャケット・セレクションです。モノトーン・ジャケ40枚をセレクトし、8枚ほどをデザイナーさんに選んでいただきました。神戸の大型店内にあるペットショップにレイアウトされるそうです。

monotone.jpg





1 2
ペットショップのBGMにこの2枚はいかかですか?

64才の浜田省吾が歌う?「This Boy」

kenji ozawa IMG_1754_201708021056288f0.jpg
メロディー・ラインがポエジー?なオザケン。
ラストの「いちょう並木のセレナーデ」→「ぼくらが旅にでる理由」の流れが、
別れと旅立ちをイメージし何とも切ない。
(いい歳して、断捨離で感傷的になってる。くそ暑いのに・・)




 先日の日曜日、お店で久しぶりに「サンデー・ソングブック」を聞いてたら、達郎さんが「もうギターは買いません。断捨離してますから。」と発言してました。ちょうどアナログ貴重盤をアップするのにネタを探していて店頭に適当なものがないことに気づき、“レコードの断捨離”で自らのコレクションも見直してみようということを思いつきました(年末のオークション用に検盤しないといけないLPは20箱近くもあるというのに)。個人的には大したものはあまり持ち合わせていないのですが、(本命の60年代物はとりあえず後回しにして)80年代以降発売の人気盤をチェックしてみることに。「好きだけど、まあいいか」というノリで数枚をピック・アップし、何とか規定枚数に間に合わせることが出来ました。毎年8月のアップで最後となるアナログ貴重盤。今月末の最終回では、オークション予定のものにも幾らか手をつけなければいけなくなりそうです。










h_20170808095728d3f.jpg


 同じく日曜の朝、浜田君のニュー・アルバムが洋楽カヴァーの2枚組となることが発表されました。2ヶ月ほど前にファンの人からその噂を初めて耳にした時は、「うそでしょう!」とお好み焼き屋でおしぼりを思わず投げたほどでした(何だ、その歓喜の表現は)。洋楽ポップス少年だった10代の浜田君のことはこのブログでも何度も書いてきたし、15年近く前に「浜田省吾エッセイ・スクエア」というメール・マガジンに投稿した時にも、“浜田省吾に期待すること”として「マキシでもいいから洋楽カヴァー・アルバムを出して欲しい」と書きました。そしてついに!その念願が叶ったというわけです。
以下が収録された12曲のラインナップです。

select.jpg  buckinghams_20170802113431a78.jpg


この曲群を見る限り、高校時代にバンドやソロで歌っていたロック系のものはほとんどありません。今回のカヴァーは、R&B系を中心とした選曲となっています。スティーヴィー・ワンダーの「My Cherie Amou」も収録されていますが、高校時代にバンドで歌っていたのはロック・テイストのものが主で、「A Place In The Sun」もスティーヴィーのカヴァーではなくヤング・ラスカルズ・ヴァージョンでした。それで気づいたのですが、浜田君が今回やりたかったのは10代に感性を培ってくれた洋楽ポップスへのオマージュだけでなく、10代に大好きだったR&Bを大人になった今の新しい解釈で歌ってみたかったのではないでしょうか?確かに浜田君の好みは、R&B的な曲も意外と多かったような気がしてきました。そう考えれば、バッキンガムズの「Mercy、Mercy、Mercy」だってソウルフルだし(これはギターの町支寛二のリード・ボーカルとの噂あり)、バッキンガムズであれば浜田君が歌うのなら「Don’t You Care」なんかもいいでしょう。R&B系に拘るならファウンデイションズの「恋の乾草」やビーチ・ボーイズの「ダーリン」も是非歌ってほしい!(こらこら、君はただの同級生でしょ?)。





this boy

 高校時代にバンドで歌っていた唯一の曲が、ビートルズの「This Boy(こいつ)」です。「ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」として文化祭で歌ったのを今でもはっきりと覚えているのですが、当然ジョン役の浜田君は展開部の CRY~~~♪ の部分をしっかりと歌い切りました。何歌ってもジョンの曲は完璧に聞こえました(ポールの曲で浜田君が歌ったのは「オー・ダーリン」1曲だけだったと記憶します)。ですからこの曲が、今回のアルバムの中で唯一“郷愁的な”ものに想えてくるのです。16才で歌った「This Boy」を、64才になった浜田君がどう歌うのか。48年ぶりの歌声、実に楽しみでワクワクします。でも出来はどうであれ、213曲もあるビートルズの1曲に「This Boy」をチョイスしたセンスが、とにかく、とにかく嬉しいのです。

ブラウン管の記憶

buraunkan.jpg
「ビートルズと日本 ブラウン管の記録」(大村亨著、シンコーミュージック)


 出ました!大村本、第2弾。今回はビートルズ現役時代に日本で放映された“関連テレビ番組”にスポットを当て、新聞・週刊誌等から抽出したものをリスト化し(これだけで充分意義あり)、それらの番組に関して書籍・雑誌や当時番組を見た人の証言等で肉付けしたものです。ビートルズ関連テレビ番組に特化した書籍は、本国はもとより、おそらく世界的に見ても例がないのではないでしょうか。各記事に補足される大村さんのコメントやコラムは、後追い世代としての冷静沈着さを基本キープしつつも、その背景にたまにビートルズ愛が見え隠れするところに好感が持てます。半世紀も前に、遠く離れたアジアの孤島に届いた英国マジカル・ミステリー・ミュージック。今や“世界遺産”とまで呼ばれる境地に到達したポール・マッカートニーの出発点となったバンド。その魅力をキャッチした一部の若者と当時の社会通念との隔絶。時代に葬り去られた真実を掘り起こすことへのあくなき探求心とビートルズ愛。根底にそれがなければ、ある意味こんな前代未聞の書籍が出来るわけがありません。

 英本国のビートルズ情報は基本的なアーカイブ化が進んでいて、そこからいろんなネタを切り取り整理し分析した書物が多数存在します。一方日本との関わりに焦点を当てたものは、香月利一氏の「ビートルズ事典」(74年)以来、長年頓挫したままであったような気がするのです。異国のバンドであるだけに材料が乏しく、日本史として膨らませるべくミクロ的とも言える当時の記事に着眼したわけです。昨年センセーションを巻き起こした“熱狂の記録”と今回出版された“ブラウン管の記録”の2冊(「赤本」「青本」との呼称も既に出ているようですが)により、ビートルズ日本史としての基礎固めが大きく膨らみ、ほぼその完成をみたといっても過言ではないでしょう。






of.jpg
刊行記念トーク・ショー(日本の将来を牽引するビートルズ研究家、藤本・大村の両氏)


 ビートルズ日本史と一口に言っても、「ビートルズと日本」が対象にしているのは、あくまでビートルズの現役時代における日本史です。アジアでほぼ唯一のコンサートが開かれたことが何より大きく、それに対する社会的反応がかなりのウエイトを占めています。藤本さんとの刊行記念トークショーでも、「メディアの報道として、ビートルズ関係の記事は66年の5月〜7月初旬の間に集中しているということ。その3ヵ月間で、僕が調べた63年から70年までの全体の量の約1/3を占めているんです。」と語られており、来日公演がきっかけとなって広がった関連記事や公演がもたらしたその後の影響力の大きさを考えると、来日がなかったら本書のヴォリュームは半減していた気がします。






bd.jpg
大村崑氏所有と同型の家庭用ビデオ・コーダー
鳥塚しげき氏も家庭用レコーダーで来日映像を記録したという噂がある。



 今回の“ブラウン管の記録”で興味深かったのが、前作“熱狂の記録”の出版がきっかけとなって新たな記録が導き出されたという事実です。60年代におけるテレビ番組の映像はテレビ局でもほとんど消去されており、前作を踏み台として情報が入って来た大村崑、岩堀敬両氏の家庭用ビデオ・レコーダーや8ミリ・フィルムによるテロップ入りの「日本公演」や「エド・サリバン・ショー」の映像記録発掘は、本書の一大スクープとなっています。本書がリアルタイマーの個人的記憶(きおく)を喚起し、それによって今後さらなる記録(きろく)が表面化して来ることを願うばかりです。







wo.jpg
「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」収録の『ワイルド・ワンズの世界』<CPC-8007>


 今回改めて確認したのが、当時放映されたビートルズ関連番組の多さです(500番組以上!)。一方、個人的な記憶として残っているのは以下の3番組のみ。
① 64年上期    NHK「海外ニュース」(or 南海放送「国際ニュース」)                   
② 66年7月 1日 南海放送「ザ・ビートルズ日本公演」
③ 67年6月26日 NHK「われらの世界」  

それ以外ほぼ記憶がありません。民放が南海放送1社のみだったとはいえ、あまりに情けない地方ファンの悲しさよ。「エド・サリバン・ショー」もまだビートルズに開眼する以前のことで(南海放送で放映したかどうかも不明ですが)、チョコレートのCMも言われてみたらそんなのがあったようななかったような・・。「ハロー・グッドバイ」や「ヘイ・ジュード」の映像は当時確かに見ましたが、それが「スター千一夜」や「ヤング720」だった確信が持てない。とにかく曖昧な記憶は断固排除するという、プチ研究者としてのプライドがあるのです(笑)。老化による記憶消失もあるかもしれません(笑えない)。当然「シャボン玉ホリデー」「ザ・ヒット・パレード」「歌のグランド・ショー」「夢であいましょう」「ホイ・ホイ・ミュージック・スクール」「アベック歌合戦」「ミュージック・フェア」「小川宏ショー」「スター千一夜」「ヤング720」「ステージ101」といったバラエティ番組は見ていましたが、ビートルズ関連の回は見落としているようです。私がはっきり記憶しているのは、ワイルド・ワンズが「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」とホリーズの「恋のカルーセル」を歌っていた番組です。番組名は覚えていないのですが、巻末の「出演+関連」放映リストには掲載ありませんでした。当然新聞のテレビ欄に出演者の演奏曲目が全曲掲載されているわけではありませんからね。日本語カヴァーでは、谷啓が「カム・トゥゲザー」を“いっしょに来い~♪”と歌ってるのを見た記憶があります。ワイルド・ワンズは間違いなく60年代末ですが、谷啓は71~2年のことかもしれません。


 リアルタイマーの常套句に「ビートルズはテレビで見ることなかったから、ラジオのポップス番組をチェックし、ひたすらレコードに没頭した。」というものがあります。いくら関連番組がメインとはいえ、ここまでリスト化したものを見せられると、正直リアルタイマーとしてのプライドのようなものが若干萎えてしまいます。あの時代、たまたま見てたテレビから「ビートルズ」という言葉が聞こえてきたら、間違いなく心臓バクっとしないわけないのですから、おそらく番組見落としているのでしょうね。まあテレビ番組と縁がなかった分、あくまでも本命としてのレコードは間違いなく擦り切れるほど聴き込んだわけで、それでこそあの乏しい環境でしか得られないものが体験出来たと思っています。音楽としての矢の刺さり方がとてつもなく深かったわけですから(負け惜しみ?)。






おしどり
美空ひばり 他/『おしどり・イン・ザ・ナイト』<JPS-5092>
「オール・マイ・ラヴィング」他ビートルズ・カヴァー4曲収録あるも、
ひばりのカヴァーはなし。残念。



リスト見て、是非映像観てみたいと思ったものを列挙してみます。

64年 4月24日 東京ビートルズ/抱きしめたい(木島則夫モーニング・ショー)
   5月19日 スリー・ファンキーズ/抱きしめたい(ザ・ヒット・パレード)
   6月30日 麻生京子/シー・ラヴズ・ユー(ザ・ヒット・パレード)
   7月26日 尾藤イサオ/ツイスト・アンド・シャウト(歌のグランド・ショー)
  11月10日 水原弘/愛なき世界(ザ・ヒット・パレード)
  11月28日 坂本九/キャント・バイ・ミー・ラヴ(踊るウィークエンド)
65年 2月13日 キューピッツ/家に帰れば(ホイ・ホイ・ミュージック・スクール)
   3月 9日 槙みちる/アイ・フィール・ファイン(ザ・ヒット・パレード)
   3月30日 いしだあゆみ/ロックンロール・ミュージック(ザ・ヒット・パレード)
   5月 5日 加山雄三/抱きしめたい(スターの広場)
   12月16日 バークラー/ノー・リプライ(ビッグ・ヒット・ショー)
66年 6月19日 スパイダース/ミッシェル(スパイダース・ショー)
   6月27日 フランス・ギャル/ ? (11PM/ビートルズ作戦)
   8月 7日 フォーメイツ/ガール(シャボン玉ホリデー)
  12月 2日 東京ビートルズ/ロール・オーバー・ベートーベン(ヤング720)
  12月 9日 青江三奈/カンサス・シティ(歌うバラエティ)
67年 5月 2日 弘田三枝子/ペニーレイン(ヒット・キット・ショー) 
68年 7月15日 美空ひばり/オール・マイ・ラヴィン(美空ひばりショー)







fg1 fg2.jpg
「ミッシェル」を熱唱するフランス・ギャル!?

 私が自慢といえるほどの記録は持ち合わせていないのですが、以前「シャボン玉ホリデー」にもよく出られていたフォーメイツの河原さんからいただいた60年代の写真があります。これは当時カメラマンから譲り受けたもののようですが、河原さんからは「シャボン玉ホリデー」に出た時の写真かもしれないと聞いていました。調べたところ「シャボン玉ホリデー」には出演した記録がなく、本書で66年6月27日に「11PM」の“ビートルズ作戦”にボブ・マグラスと共に出演していたことを知った次第です。大村さんからの情報によれば、当時フランス・ギャルは日本テレビ「ジャニーズ・セブン・ショー」にも出演していたようで、この写真が“ビートルズ作戦”の時のものとは断定出来ませんが、夢は持ちたいものです。

dm.jpg
デヴィッド・マッカラム来日時のフォト(マッカラムの真上が河原さん)








rice_20170515170523298.jpg
60年代中期の米屋
この2階の部屋で来日公演予告を見ました。
 


本書の「関連番組」P327に私の記憶が書かれてあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当時『ザ・ビートルズ日本公演』の予告を見たという証言がある。はっきりした日付は不明だが、日中に放映されたもので画面は静止画。『ミュージック・ライフ』掲載のレコード会社の新譜広告のような構図で、BGMは「ミッシェル」ほか数曲がメドレーで流れていたようである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記憶は、同じく“熱狂の記録”P29でコメントされた「初めてビートルズを見た日本人」に関するラジオ番組の記憶とほぼ同レベルの確かなもので、ラジオ番組の記憶が正しかったことは前書出版後に片岡義男氏本人の証言で証明されました。当時南海放送の予告を8ミリ・フィルムで撮影された方の映像、WANTED!


 まあいづれにせよ2冊の「ビートルズと日本」が出版されたことは万々歳。めでたし、めでたし。“ビートルズ愛に根差した”なんて60代のオヤジが口にする賞賛が胡散臭ければ、(本人は照れて嫌がるかもしれませんが)最後に大村さんにこの言葉を贈りましょう。


着眼点のセンスはタモリ的であり 実行力のパワーはポール的である


PS
祈出演「タモリ倶楽部/ビートルズと日本記事」
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示