西暦2000年の子供達

kotowaza_20171013114146c32.jpg         for sale
「バカの一つ覚え」という言葉もありますが・・


 毎年10月はオークション・リストの検盤作業に没入する時期です。「一を以て之を貫く」の精神でがんばっております。特に今回は過去最高の枚数になりそうで、その要因のひとつとなっているのがビートルズ関連アイテムの大口買取があったことです。掲載予定は300枚以上。年1回のオークションは、その1年間に買取したものを中心に掲載します。よって60~70年代の国内盤をオール・ジャンルに渡って満遍なくリストすることは結構大変なんです。基本的に同じアイテムを(続けて)掲載しないことを鉄則としているため、価格崩壊が進むレコードでオークションの最低価格をクリアしたものを1000枚以上集めるのは至難の技でもあります。ですからビートルズに限っても、年度によっては30枚以下ってことも少なくありません。ビートルズ専門店でもない当店に(よく誤解されますが)、こんなに集まったのも前代未聞のことであります。検盤作業にかこつけて、久しぶりにビートルズのレコードを聴き込み堪能しております。ああ~、しあわせ!








anthologys[1]


 
『アンソロジー・ボックス』の冒頭で、デレク・テイラーの解説を再確認する。


「20世紀最高のロマンス、いや、あるいは「ただのバンドがとってもとってもビッグになっただけにすぎない」のだろうか?後者は、ビートルズ神話を紛糾しようとするハードボイルドなジョンの解散後の言葉だ。そして前者は、当時をふりかえり懐かしみを込めた私のバラ色に染めた見解である。」


『アンソロジー』が発売された1996年はビートルズ解散から既に四半世紀が経過しており、デレク・テイラーが能天気なロマンス・ガイでないことは、それから20年近く経た現在において彼の見解がより真実味を帯びていることからも明らかです。




 fs.jpg


その“ロマンス・ガイ”デレク・テイラーが、ビートルズ4枚目のアルバム『フォー・セール』で初めてライナーを書いていたことはあまり意識していませんでした。『U.K. ORIGINAL ALBUM BOX』に収録された『フォー・セール』<TOJP-7074>にその邦訳を見つけました。


「FOR SALE といっても、彼らが売りに出ているわけじゃない。金銭的な面は何かと取り沙汰されるものだが、この際そんなことは大した問題ではない。とにかくこのアルバムは「買い」だ。

  (中略)

 お金や人気が全てではない。これらの曲ははかり知れない歴史的価値をもつものだ。人は誰しも若かった頃に戻ることはできない。世代がめぐって、子供が葉巻をくわえて土星にピクニックに行くような時代の「放射能チャイルド」みたいなガキが、「ビートルズって一体なに?」などと尋ねた時に、君は本当にビートルズを知っていると言えるだろうか?長髪や絶叫の説明なんかでお茶をにごしてはいけない。そんな時にはこのアルバムの曲をいくつか聴かせてやることだ。そうすればおそらく彼らにもわかるだろう。西暦2000年の子供達も、彼らの曲を聴けば、現在の我々と同じように暖かな、幸福な気分を味わうことだろう。 
(日本語訳:斉藤真紀子)」


“長髪や絶叫の説明なんかでお茶をにごしてはいけない”の一言、しびれます。この日本盤の帯には“英国オリジナル発売1964年12月4日”と書かれています。そして当時デレク・テイラーがロマンとして究極の視野に当てた「西暦2000年」からも既に20年近くが経過しようとしている現在、私も同じように“暖かな幸せな気分を味わって”いるのです。(西暦2017年のしがない高齢者ですが、何か?)


出戻り移転3周年

IMG_1261.jpg
ob5.jpg
限定ということで2階部分に設置していたビートルズの帯付LPオブジェ。
調子乗って1年以上そのままにしていたので「50周年記念オブジェ」の意味がなくなりそうです。
ということで、来月には当初予定していたLP看板に変わります。
(来年からは6月・7月の来日記念月のみ公開の予定)



 早いもんですね。安芸津町にジスボーイが出戻って(と言ってもスタートは東広島市西条町) 、今日で3年が経過しました。歳とるわけです。安芸津町で始めたレコード・オークションも今年度は過去最多掲載のリストとなる予定で、公開はおそらく来年頭になり、いよいよ30年目に突入であります。また本日10月5日はビートルズの本国デビュー55周年記念日でもあり(というか、それに出戻り日を合わせたわけですが)、めでたしめでたし。「カープ優勝したけど、今年はセールやらないのですか?」という問い合わせ電話もありましたが、リーグ優勝ぐらいじゃあねえ・・(おっ、大きく出たぞ)。日本一になったらカウント・ダウン・セールやりましょう。1階のLP5000枚を、営業初日の水曜日から500円均一でスタートし、以後木曜400円、金曜300円、土曜200円、最終日曜100円均一でフィナーレ(シングルは初日から100円)。いかがでしょう?これだったら、日本一になってもならなくても嬉しい(安心)、といった感じでしょ?でも一番怖いのが、「日本一・セール最終日に100円でもほとんど売れなかった」という構図でしょうか・・。





b4_20171005184726601.jpg
左端の「B4」確認出来ますか?


 本国デビューから遅れること“およそ”1年と4か月、日本で「抱きしめたい」<OR-1041>が発売されたようです。その後の研究・推測も進んでいるようですが、未だに国内デビュー曲は曖昧なままです。そこにちょっとしたビッグ・ニュース(どっちやねん?)。何とこのテスト盤にプレスマーク(プレスされた年月の刻印)があるものが発見されました。基本的にはPM(プレスマーク)はレギューラ盤にしか刻印されませんが、稀に手違い(?)でサンプル盤に刻印されたものが存在します。今回見つかった現物を、情報をいただいたオールディーズ・コレクターの方から送っていただいたのですが、ごらんのとおりPMは「B4」(64年2月プレス)でした。はっきりと盤の音も確認しましたよ。

(補足註:超幻の「ロング・アンド・ワインディング・ロード」の赤盤を見せてもらったことがあるというビートルズ・ヘヴィー・コレクターの言。「でも、音は聞かせてもらえなかった」)

今回の発見は当然「プリーズ・プリーズ・ミー」を国内デビュー盤と特定出来るものではありませんが、少なくとも「A4」(64年1月プレス)が存在する「プリーズ~」よりは「抱きしめたい」のプレスが後であり、「抱きしめたい」のプレス日はどんなに古くても2月1日以後であることを証明しています。そしてそれは、現在記録として残されている最古のレコード店ストック日(2月14日)と無理なく整合するものであります。プレス担当者のポカ?に拍手!

金沢JAZZ STREET 2017

new soul
「ニュー・ソウル特別ハイライト盤」<LWG-1056~7>
ヤング・ホールト・アンリミテッドの「テーマ曲(ソウルフル・ストラット)」で始まり、
シュープリームスやマービン・ゲイの「ホワッツ・ゴーイン・オン」を収録。
ただしDJは、Shogo Hamada ではなく Peter Perkins


 「The Moonlight Cats Radio Show」売れてるみたいですね。2年前の前作「Journey of a Song writer 〜 旅するソングラター」も史上初の六十代で2週連続アルバム⾸位を獲得したことが話題になりましたが、今回の初登場1位・2位独占もデビュー以来初とのことで評判を呼んでいます。64年の全米チャートでビートルズが1位から5位を独占したという記録がありますが、今回はたまたま「Vol.1」「Vol.2」を同時発売したのがチャートに上がっただけのことで、当然本人もそれを狙ったわけでも何でもないでしょう。そんなことより個人的に感慨深いのが、“英語で歌った”洋楽カバー・アルバムがオリコン・チャート1位になったということです。そんな例って他にあるんでしょうか?(竹内まりやの「Longtime Favorites」もその類でしょうし、スーパーフライ、小柳ゆきにも洋楽カバーの1位アルバムはあるようですが、いづれもそれらは一部日本語カバーやオリジナル曲を含んでいます。)そこにこそ、私は「史上初」(?)としての価値を見出したいのです。別に1位になることがエラいわけではないし、ミュージシャンとしての価値がそれだけで測れるものではないでしょう。でも単純に考えて、洋楽カバーだけで1位を獲るということは凄いことだと思うのです。60年代や70年代の洋楽に触発されてスタートした日本のミュージシャンは少なくありません。でもそうした音楽のカバー集は、ヘタをすると趣味的で安易なリスペクト・ソング集に陥りかねません(決してそうしたものを否定するわけではありませんが・・)。今回の結果は、この時期に及んであえてカバー・アルバムを出した浜田省吾の洋楽への敬愛の深さと、デビュー以来ブレないスタンスや想像を絶するライヴ活動の継続によって獲得したファンの信望の厚さとが作り上げた、ある種の「天恵」とさえ私には思えるのです。







kjs2017_20170915111325da5.jpg

kjs2.jpg

kjs3.jpg


  いやはや、凝りませんね。もうライヴの日まで浜田君のことを語ることはないと思ってたんですが・・。レコード・ファンのウザそうな表情が何となく頭に浮かんできましたので、さあ、宣伝!宣伝!本日の前夜祭をスタートに、明日から18日までの3日間、金沢は「金沢JAZZ STREET 2017」の開催でジャズの町と化します。3日間で予想される集客は10万人。何とこのイベント、今年で9年目を迎えるとのことですが、今回の初企画での依頼があるまで知りませんでした(井の中の蛙ですね)。イベント会場は20ケ所もあるのですが、今回当店が参加するのは金沢アートグミで開催される「ジャズレコード・カバーアート展」です。内容は“金沢工業大学PMCをはじめ、店舗やアーティスト、コレクターにご協力頂き、壁一面にレコードジャケットがディスプレイされます。迫力満点。開催時にはDJによるプレイも必聴”というもので、協力店舗として海外盤をDisk Unionさんが、和ジャズ盤を当店が担当させていただくことになりました。「和ジャズ・ディスク・ガイド」(塙耕記+尾川雄介著、リットー・ミュージック)という名著を出されている塙さん率いるDisk Unionさんを差し置いて和ジャズのディスプレイを担当することは実におこがましいのですが、この本もしっかり参考にさせていただきセレクトしました。塙さんとは以前お酒を交わした面識もありますが、声識?しかない尾川さんには今回のセレクトに関して意見をお聞きしました。“ええっ、そんなものを送って大丈夫なんですか?”的な気遣いも感じましたが、さすがの見識。非常に参考になりました。ありがとうございました!


wajazz.jpg
「和ジャズ・ディスク・ガイド」(塙耕記+尾川雄介著、リットー・ミュージック)



以下、セレクトのほんの一部ですが列挙させていただきます。

サード/ハレ・クリシュナ 


石川晶/アフリカン・ロック

山下洋輔トリオ/イントロデューシング・タケオ・オリヤマ

菊地雅章/ダンシング・ミスト

村岡健,植松孝夫/ライド・アンド・タイ

弘田三枝子/スタンダードを唄う

アストラッド・ジルベルト/ゴールデン・ジャパニーズ・アルバム

中村照夫グループ/ユニコーン

渡辺香津美/インフィニット

10_20170915113545d58.jpg

富樫雅彦/ Masahiko Togashi

美空ひばり/ひばりとシャープ  

お近くの和ジャズ・レコードファンの皆さま、是非とも会場に足を延ばしていただければと思います。
半分近くは年末のオークションに出ますので、コレクターの方はチェックよろしくお願いします。
(本当に現物送ってしまったんです)

ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドからJ.S. INSPIRATIONSへ

ds1 (1) ds1 (2)
1000枚のうち4分の3は、1階の300円コーナー直行の内容でしたが・・。


  忙しいっス。先月の70年代洋楽シングル1200枚に続いて、先日は四国にあった某デンキ店レコード部の60年代デッドストック・シングル1000枚を買取。「金沢ジャズ・ストリート2017」のレコード・ジャケット・アート展用の和ジャズLPも、かろうじてリミットぎりぎりの昨日発送しました。詳細については後日改めて報告させていただきます。









mcrs_20170911151454d01.jpg
SHOGO HAMADA & THE J.S. INSPIRATIONS/「The Moonlight Cats Radio Show」


 先週発売された「The Moonlight Cats Radio Show」の2枚のミニ・アルバム、毎日聴いております。

「浜田君が凄いバンドを作った!」

というのが率直な感想です。これは何を隠そう、高校2年生だった1969年11月4日の三津田高校体育館でロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの演奏を初めて見た時に感じたのとほぼ同じ感覚なんです(“記録”があるんですね。ただ一人と思われる「ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド研究家」ですから(笑))。荒木一郎のファースト・アルバムの魅力を再確認した時のように、ひょっとしたら秋のライヴ観戦日まで毎日聴き続けられるかもしれません。いや~、素晴らしい。





vol 2 (2)
VOL.1

 ジャケットもそうですが、DJ仕立てにした気取らなさ、「バンド・メンバーと楽しんじゃいました」的なお遊び感覚。でもでも、なぜか極上なんですよ、テイストが。R&Bインストの導入曲も絶妙なセレクトで、いやがうえにも気分を盛り上げてくれる。キーボードの音色に各楽器が絡まり、自然に60年代の桃源郷になだれ込む。「My Cherie Amour」でとろけさせ、「Mercy、Mercy、Mercy」でジャパニーズ(・ブルーアイド?)・ソウルを見せつける。「This Boy」が浜田君のリード・ボーカルでないことを事前に知ってしまった私は、次の「You’ve Really Got a Hold on Me」に賭けていました。ミラクルズなんかじゃない。浜田君にとってこの曲は、絶対にビートルズなんだ!と。ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドのビートルズ・カヴァーは「ミズリー」他全部で14曲あるんですが、この曲は歌ってません。でも歌声は想像できるんですね。「オー・ダーリン」を歌うのを聴いた時に感じたちょっとした違和感は、きっとこの曲にはないはずです。だってジョンのボーカル曲ですから(R&Bカヴァー・アルバムなら、是非とも「アンナ」を浜田君に歌って欲しかった。←コラコラまた始まったぞ)。でも聴いてみたら違ってました。粘っこいというか、明らかにリズム・テンポがミラクルズ寄りで、これはこれでいい感じ。でもファルセットではちょっぴりジョンが顔を出します。六十代になってから年に一二度、何の昂(たかぶ)りもないのに突如涙が出ることがあるのですが、次の「Will You Still Love Me Tomorrow」の歌声を聴いて、何故か不覚にも涙してしまいました(決して“泣いた”のではありません。娘っ子の歌声で泣いてしまうような野暮な野郎ではござりませぬ)。この曲を歌う中島さんだけでなく竹内さんも含め、J.S. INSPIRATIONSの二人の歌姫は、予想以上の洋楽カヴァー・ボーカリストでした。「What’s Going on」は語り継がれるべき名唱ですね。何も言うことありません。CDに記録された私にとっての浜田省吾洋楽カヴァーの最高峰は圧倒的に「Be My Baby」だったのですが、超えました。


vol 2 (1)
VOL.2

 2曲目の「My Girl」は意外や意外、これが当たりでした。期待していたボーカルに何故か一番近い感じ。高校時代の歌声をちょっぴり想い出しました(本音を言えば、「Girl」だったらなおよかった。まだ言ってる)。4曲目の長田さん歌う「Crazy Love」も大当たり。ギタリストって渋いボーカルをきかせる人多いんですが、スパイダースのアルバム『スパイダース69』における井上堯之ボーカル曲「エニータイム・アット・オール」の佇まいを連想してしまいました。そして「This Boy」。かつてFMラジオのインタビューで、「タイムマシーンで行くとしたらいつの時代に行ってみたいか?」の質問に、浜田君は「過去のことはだいたい分かるので、未来に行ってみたいですね。」と答えていました。それとは対照的に、十代に聴き込んだ音楽を宝物のように慈しんでいる発言も何かの本で読んだ記憶があります。アーティスト浜田省吾にとって、郷愁的な音楽は安易に記録として残すべきものではないのかもしれません。展開部のサビは町支さんが歌っていますが(歌上手すぎ)、その後に転調して演奏されるジョージ・マーティン楽団風の間奏が絶妙で、この曲が使われた映画のシーンと同じくこれはこれで“郷愁的”ですらあります。最後のコーラスでは、ハッキリと48年ぶりの浜田君の歌声が聞こえました。2枚セットの最後は、フィナーレにふさわしいゴージャスナな「Ain’t No Mountain High Enough」で完結します。お見事!!







sdsm_201709111627236b1.jpg

 10代の浜田君を振り返ってみると、何より洋楽のヘヴィー・リスナーだった気がします。まず、そこなんです。そこからすべてがスタートしているんです。その入れ込み方が普通じゃあなかった。そしてそのまま自然とバンド活動へと流れていくことになるんです。でも当時の若者、特に浜田君のようなナイーヴな十代にとって、時代そのものは非常に不安に満ちていました。バンド活動している時以外の浜田君の笑顔って、あまり記憶にありません。アルバム『Save Oue Ship』の冒頭に「青空」って曲がありますが、高校時代の浜田君のイメージは、私にとっては正にあの世界です。でも浜田省吾には、十代の瑞々しい感性で洋楽を聴き込むことで得た「音楽に潜む普遍性」への想いがその背景に流れている気がします。だからこそ、未だにファンを魅了してやまないのだ、と思っています。60年代の洋楽ファンがそうだったように、言葉が直接届かなくても、メロディアスかつグルーヴィーな楽曲と歌声だけで多くのメッセージを受け取ることが出来るはずです。



lhcb.jpg
RCCテレビのアマチュア・バンド番組で、
「イッツ・オンリー・ラヴ」をハモる17才の浜田君と岡田さん(「浜田省吾事典」より)


 どうです皆さん、お分かりになったでしょ?洋楽を歌う浜田省吾のカッコよさが。高校時代はフォーク・ロックでしたが今回はR&B。でもロンリー・ハーツ・クラブ・バンドには岡田さんという歌姫もいたし、彼女が歌うメリー・ホプキンの「グッドバイ」では、リーダーだった福田君が間奏でトランペットを吹いたりしたんですよね。そう考えると、洋楽カヴァー・バンドとしてのJ.S. INSPIRATIONSは、ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの“実に偉大なる”進化形ではないのかとさえ私には思えても来るのです。
私はこのアルバムを15年、いや40年待ちました。浜田君、ありがとう!




買取、そしてチョイスとセレクト

hokensho_201708211812336d4.jpg
「介護保険被保険者証」届く。誰のかと思えば私のだった。WHEN I’M SIXTY FIVE!
これでリラックスした安心の老後が“保証”された。







ダンボール
このダンボール(約120枚)が10箱分の計算になります。

shingle_20170821182833acd.jpg


  つい先日、70年代をメインとした洋楽シングル1200枚を買取しました。安芸津町に出戻り移転して以降にたまに来店される、ボーカル・ジャズ・歌謡曲を中心とした県外のオールド・レコードファンがいらっしゃいます。今年になってトレードで入手されたという大量のシングルを車で持ち込まれ、「お金はいりませんので、その分今回の買取額だけお店の商品を買わせていただきます。」とのことでした。枚数が枚数だけに短時間ではとても査定額は出ず(全部目を通しますから)、時間も余裕がないということでその日は30枚ほどお店のLPをお買い上げいただきそのまま帰られました。翌日私が提示した買取額に驚かれ、「そんなになるんですか!? とてもそんなに買えませんので」と、結局送金させていただくことになった次第であります。




あまり見ないかなというものを中心に、お遊びで「おもしろイラスト・ジャケ」を10枚ほどチョイスしてみました(決してプレミア盤というわけではありません)。

まずは不思議ジャケ2枚

パーコレイター
ホット・バター/パーコレイター<JET-2188>


ドラマティックス
ドラマティックス/ヘイ・ユー<DW-1074>



続いて邦題おもしろジャケ4枚

サザーランド
サザーランド・ブラザースとクイヴァー/愛さずにいられたら(YOU GOT ME ANYWAY)
「愛さずにいられない」のひねり邦題?



ドンナ・サマー
ドンナ・サマー/恐怖の脅迫電話(THE HOSTAGE


センチュリー・オーケストラ
センチュリー・オーケストラ/キング・コングがディスコにやって来た!(KING KONG IS BACK AGAIN


ファイヴマン・エレクトリック・バンド
ファイヴ・マン・エレクトリカル・バンド/ビリーは狼少年(WEREWOLF)


最後にカラフル・インパクト・ジャケ4枚を

リトル・ビーバー
リトル・ビーバー/パーティ・ダウン<SS-2420>


ストリークス
ストリークス/気まぐれストリーキング<HIT-2139>


バブルロック
バブルロック/びんた一発<TOP-1938>


ホットショッツ
ホットショッツ/スヌーピーの赤男爵をぶっとばせ<SFL-1812>



目の保養になられましたでしょうか?











images_20170821173926bb8.jpg jazz art
 

  映画「ノルウェイの森とリラックス・スペース「EIGHT」に続いて、久しぶりにレコード・セレクトのお仕事二つ入りました。来月金沢で3日間開催される「KANAZAWA JAZZ STREET 2017」における「ジャズレコード・カバーアート展」の和ジャズLPセレクトと、東京のデザイン・ディスプレイ会社からの依頼による(要は親しい知人が勤務してるんですね)、モノトーン・ジャケット・セレクションです。モノトーン・ジャケ40枚をセレクトし、8枚ほどをデザイナーさんに選んでいただきました。神戸の大型店内にあるペットショップにレイアウトされるそうです。

monotone.jpg





1 2
ペットショップのBGMにこの2枚はいかかですか?
プロフィール

thisboy1994


>>買取のお問い合わせはこちら

●店長「菅田」
 1952年広島県安芸津町生まれ。獅子座のAB型。ビートルズをたまにしか聴かないビートルズ・フリーク。
●スタッフ「オイリー」
 A型、初代ミス・ジスボーイ、元ユニコーン(及び新日本プロレス)・ファン
●スタッフ「モンリー」
 A型、元PANTA FC会員(’83~'01)

●スタッフ「スーザン」
 B型、2代目ミス・ジスボーイ、初レコ:中森明菜

●スタッフ「白井」
 O型、趣味:釣り、初CD:フランキー・ヴァリ&フォー・シーズンス

【買取専用フリーダイヤル】
0120-50-1041【13時~20時】
0120-0846-45【9時~13時(菅田)】

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示